「これって…告白寸前!?」と男性をドキドキさせるセリフ9パターン


ストレートに「好きです!」と告げるより、寸止めのアプローチで揺さぶりをかけたほうが、恋の駆け引きとして有効な場合もあるもの。男性をときめかせる「核心に触れそうで触れないセリフ」には、どんなものが考えられるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『これって…告白寸前!?』と男性をドキドキさせるセリフ」をご紹介します。

  • 【1】久しぶりに会ったときに「やっぱり、一緒にいると安心するなぁ」

    「こっちも同じ気持ちだよ、と素直に答えたくなる」(20代男性)というように、お互いにホッとできる雰囲気を共有できているのなら、思い切ってそれを口にしてみるとよさそうです。ただし、あまりに緊張感がなさすぎると「気の合う友達」にシフトしてしまう可能性もあるので、「男と女であること」は意識させたいところです。

  • 【2】飲み会の参加を迷いながら「○○君が行くなら、行ってもいいよ…」

    「君にとっては俺がキーマンなの?とドキドキしました」(20代男性)というように、言い方ひとつで男性のプライドをくすぐることもできそうです。「あなたがスペシャル」というアピールを重ねて、じわじわと男心をつかんでいきましょう。

  • 【3】二人で会った別れ際に「次はいつ会えるの?」

    「寂しそうな表情で言われたからテンションが上がってしまった」(20代男性)というように、甘えられるのが好きな男性の心をわしづかみにするパターンです。好意を言葉で告げなくても、態度で示していくうちに、よほど鈍感な相手でない限り察してもらえそうです。

  • 【4】二人で過ごしながら「あなたといると、ホントに時間が早く過ぎるね…」

    「ぽろっとこぼした本音に聞こえて、思わず萌えてしまった」(20代男性)というように、恋心ゆえの高揚感を伝えると、男性の心もグラリと揺れるようです。「俺もそう思ってた」という一言が引き出せたら、二人の関係もぐっと進展していくでしょう。

  • 【5】昔の恋バナを打ち明け合ったあとに「彼女にちょっと嫉妬しちゃうな」

    「恋愛には鈍い自分でも、遠回しの告白だということは分かった」(10代男性)というように、ジェラシーをさりげなく織り交ぜたセリフで真意を伝える手もあります。ただし、本気の嫉妬を見せると引かれることもあるので、さじ加減は考えましょう。

  • 【6】二人っきりのときにぽつりと「私、今彼氏いないんだよね…」

    「『じゃあ、俺と付き合っちゃう?』って返すのを待ってるのかも…と思います」(10代男性)というように、思わせぶりなセリフに素直に反応する男性も少なくないようです。「○○君は彼女いないの?」とダメ押しするのもありでしょう。

  • 【7】グループで出かけた帰り道で「今度は2人で来たいね」

    「誘ってくれと言わんばかりだと、『あれ?』とピンときます」(20代男性)というように、大勢で遊ぶ関係でありながら、あえて「2人きりで」と切り出すことで、デート願望に気づいてもらう方法です。行きたいスポットやしたいデートの話題につなげていったら話も早そうです。

  • 【8】深夜の電話で「一日の最後に話したい人だもん」

    「『それってどういう意味…?』と戸惑うけど、悪い気はしない」(20代男性)というように、恋人感を匂わせるセリフで、動揺を誘うのもよさそうです。話の流れ次第では「重っ」と思われるおそれもあるので、空気を読む必要はあるでしょう。

  • 【9】好きな異性のタイプを聞いた流れで「あなたみたいな人がいいな」

    「はっきり『あなただ』と言わない奥ゆかしさに萌えますね」(20代男性)というように、告白寸前の言い回しで勝負をかけるのもいいでしょう。多くを語らずに上目づかいでじっと見つめれば、本気度は伝わるかもしれません。

ガツガツした印象を避けるためにさりげなくほのめかすだけでは、まったく伝わらないこともあります。相手の心を読みながら、セリフが響くタイミングを探っていきましょう。(佐々木正孝)
Photo:All images by iStock