「この子なら大丈夫…」奥手な男性を安心させる一言9パターン


よく見ればイケメンだったり、人柄がよかったりするのに、なぜか恋愛に苦手意識を抱く男性は意外と多いもの。彼らに心を開いてもらって仲良くするには、どんな言葉が効くのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『この子なら大丈夫…』奥手な男性を安心させる一言」をご紹介します。

  • 【1】同類だとにおわせて警戒心を解く「私、あまり恋愛経験なくて…」

    「同じ歩調で付き合えそうなのがいいです」(10代男性)というように、自分と同じく恋に奥手な女性だと、気楽に接することができるようです。恋愛上級者を気取るより、経験を過少申告するくらいのほうが早く打ち解けてもらえそうです。

  • 【2】男慣れしていないことをアピールする「女子校出身です」

    「ほかの男と比べられないから気楽」(20代男性)というように、ウブな男子にとって「女子高出身者」は共学出身者に比べれば少々気安い相手のようです。ずっと女性に囲まれて過ごしてきたのなら、そのことをアピールしてみるのもいいかもしれません。

  • 【3】奥手=マジメととらえる「彼女を大切にしそうでいいと思う」

    「女性経験がないのを『付き合うなら真剣だから』みたいに思ってもらえるとうれしいですね」(20代男性)というように、「非モテ」以外の切り口で男性を見てあげるのも喜ばれそうです。ものは言いようなので、前向きな表現を駆使しましょう。

  • 【4】交際経験ゼロを持ち上げる「その分、何かに一生懸命だったってことだよね」

    「たしかに土日もずっと部活漬けだったので、そこを理解してもらえると助かります」(10代男性)というように、むしろ「恋愛以外に打ち込んできたこと」を認めてあげるパターンです。ただし、特に何かに取り組んできたわけではない男性に言っても的外れなので気を付けましょう。

  • 【5】遊び人嫌いを公言する「チャラチャラした人は無理なんだ」

    「軽い男が嫌いなら、正反対の僕は恋愛対象かな…と思えます」(20代男性)というように、恋愛にマジメすぎる男性は、「自分はストライクゾーンの中にいる」と感じたとたんにテンションが上がるようです。学級委員長に選ばれるようなマジメキャラには直球で刺さるでしょう。

  • 【6】母性本能をアピールする「女の子の前で緊張しちゃう人こそ、ほうっておけない!」

    「優しく構ってくれそうな人には甘えたくなる」(20代男性)というように、女性のほうからフォローしてほしいと願う男性もいるようです。ウブな男性をいじらしく思ったら、母親のような温かい目で見守ってあげてはいかがでしょうか。

  • 【7】むしろ非モテが望ましいとばかりに「心の痛みを知っている人が好き」

    「弱者の気持ちは分かります!知りたくなかったけど(笑)」(20代男性)というように、モテる人にはない魅力があると述べるのも、男性を悪い気にはさせないようです。「要は『人間性』だよね」など含蓄のある言葉で気持ちを引き寄せましょう。

  • 【8】男としてのプレッシャーを和らげる「私は男性をリードしたいタイプなんだよね」

    「こっちが頑張らなくてよさそうなのがいいですね」(20代男性)というように、自分で仕切るのが苦手な男性は、正反対のタイプの女性にほのかな期待を寄せるようです。受け身の男性には、自分がグイグイ引っ張ると宣言してしまうのもいいかもしれません。

  • 【9】奥手すぎる男性をストレートに勇気づける「そんなことどうでもいいよ」

    「恋人いない歴=年齢ですが、勇気出ました」(20代男性)というように、過去の恋愛経験など気にしないと言ってあげれば、男性のコンプレックスは吹き飛ぶようです。恋愛歴が原因でネガティブになっている男性に「ほとんどの女の子はそんなこと気にしないよ」と伝えてあげましょう。

恋愛経験が少ないことを、いかにプラスに捉えて伝えてあげるのかがカギになりそうです。奥手な男性を好きになったときに試してみてはいかがでしょうか。(外山武史)
Photo:All images by iStock