「カッコいいけど無口な男性」に好印象を与える会話術9パターン


初対面の男性が無口なタイプだと、思うように会話が弾まず困ってしまうもの。とはいえ、相手が「寡黙なイケメン」だったら、和やかな雰囲気に持ち込んで好感度を上げたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『カッコいいけど無口な男性』に好印象を与える会話術」をご紹介します。

  • 【1】「なんか緊張しますよね!」と相手の心情に明るく同調する

    「自分への気遣いを感じて、好感を持った」(20代男性)というように、「初対面なら話せなくて当然」だと広い心で接すると、心証がいいようです。緊張している相手に「緊張してます?」などと尋ねても困らせるだけなので、ニュアンスに気を配りましょう。

  • 【2】「来るとき道に迷っちゃって…」と自分が会話の主導権を握る

    「向こうが率先して話してくれたから、ホッとした」(10代男性)というように、「聞き役」に回らせてあげると、口下手な男性は助かるようです。ウケ狙いのネタよりも当たり障りのない内容のほうが、気軽に相づちが打ててかえって親切かもしれません。

  • 【3】「ここまでは地下鉄ですか?」と相手が答えやすい質問で会話を促す

    「わざと社交辞令的な会話から始めてくれたのかも。大人ですよね」(20代男性)というように、一見つまらない質問が、ちょうどいい「会話の糸口」になることもあるようです。相手の回答ににこやかに耳を傾けて、張りつめた空気を徐々にほぐしていきましょう。

  • 【4】「このおつまみ食べました?」と手近なトピックで話を広げる

    「いつのまにか好きな食べ物の話になっていて、自然に盛り上がれた」(20代男性)というように、目についた物をテーマに選んで、会話を弾ませる方法です。なにか共通点を見つけたら、「そうそう!」などと共感すると親しみを感じてもらえそうです。

  • 【5】「あれってすごいですよね!」と誰でも知っている事柄を話題にする

    「ちょうど気になってたので、熱く語ってしまった(笑)」(20代男性)というように、「流行り物」を取り上げるのも、会話を続ける手かもしれません。スポーツやスマホの新機種など、男性にとってタイムリーな話を振ると喜々として乗ってもらえそうです。

  • 【6】「今日はお仕事忙しかったですか?」とさりげなく相手の生活に切り込む

    「根掘り葉掘りって感じじゃなく遠慮がちだったから、むしろ礼儀正しい印象を受けた」(20代男性)というように、遠回しであれば、プライベートな質問をしても大丈夫そうです。とはいえ、「彼女の有無」などの恋愛ネタは、初対面ではまだ早いでしょう。

  • 【7】「それ、私も気になってました!」と相手の持ち物などに関心を示す

    「自分が気に入ってる物に反応してもらえて、お目が高い!と嬉しくなった」(10代男性)というように、男性の身の回りの物に言及して、相手の懐に入り込む作戦です。苦肉の策で無理矢理触れた場合は、実は興味がないことを悟られないよう注意する必要がありそうです。

  • 【8】「どんな作品が好きですか?」と相手の趣味や得意分野の話を振る

    「感心して聞いてくれたから、つい話し込んでしまった」(20代男性)というように、どんなに寡黙な男性も、好きな物のこととなると黙ってはいられないようです。すでに知っている情報を聞かされても、「知らないフリ」で押し通すのが賢明でしょう。

  • 【9】「私も人見知りなので逆に話しやすいです」と親近感を寄せる

    「自分と同類だと分かって安心したし、その女性に興味を持った」(20代男性)というように、「自分も口下手」だと伝えると、一気に距離が縮まりそうです。途中で沈黙が流れても、似た者同士だと分かっていれば、それほど気まずくならずに済むでしょう。

相手のリードを待っていても、居心地が悪くなるばかりかもしれません。さりげない気配りが、会話を弾ませ、相手を和ませるコツでしょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock