鈍感な男性にもさりげなく好意を伝えられる一言9パターン


好きな男性にみずから好意を伝えるのは恥ずかしいもの。しかし、何も言わずに気づいてもらうのは至難の業です。鈍感な男性にも、うまく好意を伝える方法はないのでしょうか。というわけで、『オトメスゴレン』女性読者に聞いた「鈍感な男性にもさりげなく好意を伝えられる一言」を紹介します。

  • 【1】「○○君の優しいところが好き」と、男性の性格を褒める。

    内面のよさを言えるほど、男性に関心があることを伝える一言といえます。「鈍感でも『好き』って言葉には反応する」(20代女性)という意見があるように、「好き」というフレーズは言い忘れないようにしましょう。

  • 【2】「○○君といると落ち着く」と、一緒にいるときの安心感を伝える。

    2人でいるときに「落ち着く」と伝えると、男性に安心感や親しみを抱いていることが伝わるようです。「両想いなら『俺も』って言ってくれる」(10代女性)というように、男性の気持ちを探るためにも使えそうです。

  • 【3】「好きな人いる?」と、男性の恋愛事情を聞く。

    「『何でこの子は俺のこと聞くんだ?』ってドキッとするはず」(20代女性)というように、恋愛の話をすることで、男性に自分を意識してもらえるようです。男性が「いない」と答えたときは「そうなの!?」と喜べば好意を伝えられるでしょう。

  • 【4】「いつもA型の人を好きになるんだ」と、男性の血液型が恋愛対象であることを話す。

    「遠回しと見せかけて、堂々とアピールできる」(30代女性)と、何気ない一言で、意中の男性だけに好きな気持ちを気づかせようとしている女性もいます。飲み会など、複数で話しているときに言えば、「俺のこと?」と男性が意識するかもしれません。

  • 【5】「○○君の彼女になる人は幸せだね」と、男性と恋人になれる人をうらやむ。

    「『彼女になりたい』って言ってるも同然」(10代女性)というように、男性に対して恋愛感情を持っていることを伝える効果がありそうです。ただし、実際に恋人がいる男性に言うと困惑させてしまうので、この一言は控えたほうがいいでしょう。

  • 【6】「○○さんと仲良いね」と、ほかの女性への嫉妬をほのめかす。

    嫉妬している姿を見せて好意を気づかせる一言といえます。「『そんなことない』って否定すれば脈アリ」(40代女性)と、男性の出方を見る女性もいます。怒った口調だと男性が負担に感じるので、普段の会話と同じように言ってみましょう。

  • 【7】「○○君が行かないなら私も行かない」と、男性のいない飲み会の誘いを断る。

    「好きな人に言ったら『何で?』と言いつつ嬉しそうだった」(20代女性)というように、男性がいないことを寂しがることで、男性への好意を伝えられるようです。「○○君も一緒に行かない?」と、男性を誘うのもいいでしょう。

  • 【8】「この話、2人だけの秘密ね」と、秘密の話で特別感を出す。

    「特別感を出せば好意に気づく」(20代女性)というように、秘密の共有が、「好き」という気持ちを気づかせるきっかけとなるようです。相談事を持ちかけて「みんなには秘密」と言えば、男性も特別扱いされていることに気づくでしょう。

  • 【9】「…近くにいるのに鈍いんだから」と、鈍感な男性を嘆く。

    一緒にいても友達以上の進展がない男性に、「好きだから一緒にいる」という女性の想いを悟らせる効果がありそうです。「一緒にいるときに言えば察してくれる」(10代女性)というように、2人きりのときこそ意味のある一言になるようです。

「鈍感な男性にもさりげなく好意を伝えられる一言」には、ほかにどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(有竹亮介/verb)
Photo:All images by iStock