男性に「可愛いけど話がつまらないなー」とガッカリされる女性の特徴9パターン


異性とのコミュニケーションにおいては、「会話の面白さ」は男女ともに重視されるもの。気になる相手であっても、会話が盛り上がらなければ、より親しい関係へ発展させることは難しくなってしまいます。そこで今回は、『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「男性に『可愛いけど話がつまらないなー』とガッカリされる女性の特徴9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「私を楽しませて」と言わんばかりに、常に受け身でいる

    「上から目線で『面白い話してみてよ』という態度の女性は、会話するだけで疲れる」(20代男性)など、一方的に受け身な態度で会話する女性は、男性に強いプレッシャーを与えてしまうようです。会話はお互いが盛り上げるべきものだと考えたほうがよいでしょう。

  • 【2】目を合わせようとせず、顔をよそに向けている

    「なんか投げやりな感じがする。ちゃんと話をする気がなさそう」(20代男性)など、会話をするうえでは、目線や顔の向きも重要なサインとなります。そっぽを向いたままで会話をしても、男性は真面目に話す気が起こらないでしょう。

  • 【3】会話中も無表情のまま、ほとんど笑顔を見せない

    「楽しくなさそうで、こっちのテンションも下がる」(10代男性)など、会話中に笑顔を見せることは、話を盛り上げるうえで効果的なサインです。逆に、無表情な女性との会話は男性にとってやりにくく、盛り上げづらいものになってしまうようです。

  • 【4】オチがない話を延々と続け、自分ひとりで笑う

    「ひとりで笑われても、こっちは置いてきぼりな気分になる」(20代男性)など、自分が言いたいことを一方的に喋るだけでは、男性はリアクションがとれないようです。お互いに興味のある共通の話題を見つけるなど、相手に合わせて話す内容を選んだほうがよいでしょう。

  • 【5】振られた話題を広げようとせず、相槌ばかり打つ

    「何を言っても『ホントにー』『すごいねー』ばかり。実はちゃんと話を聞いていない気がする」(20代男性)など、聞き役に徹するときでも、ただ相槌を打つだけでは話が広がりません。より具体的な質問をするなど、積極的に話に乗ることが必要でしょう。

  • 【6】友達との内輪ネタばかり話す

    「全然知らない内輪の話をされても、反応に困る」(10代男性)など、男性が知らない友達などの話ばかりしても、話は盛り上がらないようです。知らない相手でも分かるような説明を加えるなど、理解してもらうための工夫をするべきといえそうです。

  • 【7】他人の噂話や悪口など、ネガティブな話題が多い

    「性格が悪そうな気がするし、聞かされると暗い気分になる」(20代男性)など、他人の悪口などのネガティブな話題は基本的に避けたほうがよいでしょう。会話として盛り上がらないうえ、性格を疑われてしまうこともありそうです。

  • 【8】あまりにも大人しすぎて、会話が成り立たない

    「照れているのかもしれないけど、無口すぎると会話にならない」(20代男性)など、男性との会話に慣れていない女性のなかには、緊張から無口になってしまう人もいるようです。笑顔で相手の顔を見るなど、会話を続けるための努力をしてみるとよいでしょう。

  • 【9】相手の話を途中で遮って、別の話をはじめる

    「せめて最後まで聞いて下さい…」(30代男性)など、男性の話をきちんと聞かずに、自分の話ばかりしてしまう女性もいるようです。会話はキャッチボールのようなもの。相手の話をきちんと聞いてから、球を投げ返すように心がけたいものです。

ほかにも、「男性に『可愛いけど話がつまらないなー』とガッカリされる女性の特徴」があれば、ぜひ教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉琢磨)
Photo:All images by iStock