「彼氏いそうだね」というセリフに込められた本当の意味9パターン


合コンなどで初対面の男性が口にする「彼氏いそうだね」というセリフ。実は、言葉通りに受け止めるだけでは、男性の本音は見えてこないようです。そこで今回は、『スゴレン』の男性読者のみなさんに、「彼氏いそうだね」という言葉にどんな意味を込めているのか、本音を聞いてみました。

  • 【1】男をとっかえひっかえしている遊び人だと思っている。

    「男をもてあそぶオーラを放っているので、自分は遊ばれないよう戒めている」(10代男性)のように、遊び人だと誤解されている恐れがあります。上目遣いや甘え口調を連発しがちな方は、マジメな恋愛エピソードを紹介するなどして誤解を解きましょう。

  • 【2】「モテそうだなぁ」と本気で思っている。

    「褒め言葉みたいなもの。本当に可愛いし、モテると思っている」(20代男性)のように、男性に人気があって当然だと思っているのかもしれません。おだてるような口調で言われたときには、「とんでもない! 全然モテなくて…」などと謙虚に否定すると喜ばれるでしょう。

  • 【3】彼氏がいなければ付き合いたいと思っている。

    「彼氏がいたらガッカリだから、結構勇気を出して言っている」(20代男性)のように、恋人として立候補するために確認しているつもりの場合もあるようです。真剣な表情で言われたら、「恋人募集中です」など、フリーであることをアピールしましょう。

  • 【4】男ウケしそうな見た目や言動から、「彼氏がいないわけがない」と思っている。

    「見た目が可愛いし、性格もいいので、彼氏がいて当たり前かなと」(20代男性)のように、当然彼氏がいるものと思われているのかもしれません。気になる男性から言われたら、いつから彼氏がいないのかなどを具体的に伝えて誤解を解きましょう。

  • 【5】恥ずかしくて「可愛い」と言えないので、遠まわしな表現をしている。

    「『可愛い』とは勇気がないと言えないけど、『彼氏いそうだね』なら言える」(10代男性)のように、可愛いという意味を込めていることもあるようです。男性が恥ずかしそうな表情で言ってきたら、微笑みながら「ありがとう」と返事をすると、男心がくすぐられるでしょう。

  • 【6】魅力的だけれど、「自分には手が届かない存在」だと感じている。

    「自分は彼氏になれそうもないから、あきらめるために言っている」(20代男性)のように、高嶺の花だと思われているのかもしれません。あきらめ口調で言われたき、「ないない!」と全力で否定すると男性のテンションが上がるでしょう。

  • 【7】恋人のありなしを話題にして、「コイバナに持ち込みたい」と思っている。

    「コイバナに持ち込んで会話を盛り上げ、いい雰囲気にしたい」(20代男性)のように、その場の空気を変えるために使うこともあるようです。会話が盛り上がっていないときに言われたら、失恋エピソードなどをあわせて紹介すると話が広がるでしょう。

  • 【8】答え方によって女の子の性格を探ろうとしている。

    「『今はいないんだけどね』とか言われると、プライドが高そうで嫌」(20代男性)のように、性格を探るために使う男性もいるようです。素直に「いません」と言えば、悪い印象を与えずにすむでしょう。

  • 【9】話題がないので、その場つなぎのために言っている。

    「沈黙が気まずいので、なんとなく言ってみただけ」(20代男性)のように、話のつなぎとして使うこともあるようです。男性が沈黙を突き破って言ってきたら、自分の話をしたあと「○○君はどうなの?」と聞くなどして、話を膨らませるといいでしょう。

ほかにはどんな「『彼氏いそうだね』というセリフに込められた本当の意味」があると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock