お洒落の邪魔にならないデート中の「日焼け対策アイテム」9パターン


どんなときでも日焼けはしたくない、というのが女子の本音。とはいえ、大袈裟すぎる日焼け対策のせいで男子にドン引きされてしまったら、元も子もないので、やり方は考えたほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「お洒落の邪魔にならないデート中の『日焼け対策アイテム』」をご紹介します。

  • 【1】着るだけで日焼けしない「機能付きパーカー」

    「見た目でわからない日焼け対策なら、問題ないと思う」(20代女性)というように、UVカット機能付きパーカーは、見た目は普通なので、他人には気づかれないことのほうが多そうです。とはいえ、フードをかぶると不自然なので、一にも二にも「見え方」に注意しましょう。

  • 【2】ひと吹きで塗り直し完了「UVカットスプレー」

    「さっと一瞬で終わるので、相手を待たせずに済みます」(20代女性)というように、ひと吹きで作業完了するUVカットスプレーは、デート中の「塗り直し」にぴったりのアイテムのようです。白残りしない透明タイプのものなら、自然な見た目も好感度が高いでしょう。

  • 【3】目から入る紫外線をカットする「サングラス」

    「カチッとお洒落にしてれば逆にカッコよさを醸し出せます」(20代女性)というように、カジュアルな服装にサングラスをかけると、日焼け対策をしながらコーディネートのアクセントにもできそうです。どんなシーンでも使いまわせるように、少々高価でも人気ブランドのものを一つ持っておくと安心でしょう。

  • 【4】日焼けしにくくなる「スプレー化粧水」

    「肌そのものの状態を日焼けしにくくするのが結局正解かも」(20代女性)というように、日焼け止め剤を使わずにUV対策をする人もいます。生木が燃えにくいのと同じように、よく保湿された肌は日焼けしにくいので、スプレー化粧水でマメに水分を供給したいものです。

  • 【5】全身コーデでお洒落に見せる「女優帽」

    「ツバの広い帽子は大人っぽくていいですよね」(10代女性)というように、ファッションアイテムの定番となりつつある女優帽なら、男性ウケも悪くないかもしれません。ラグジュアリーなロングワンピなどと合わせると、バランスがいいのではないでしょうか。

  • 【6】スタイリッシュに首をカバーできる「ストール」

    「ストールってアクセントになるし、清楚な感じも出しやすい」(20代女性)というように、清潔感のある薄手のサマーストールなら、日焼け止め対策というよりはお洒落アイテムとして使いがいがありそうです。大きく広げて肩にかけたりすると印象が変わってくるので、小さめに結んで、あくまで首元の日焼け対策のみに使いましょう。

  • 【7】お嬢さんっぽい印象になる「折り畳み日傘」

    「レースの日傘を使うと一気に上品な雰囲気になる」(10代女性)というように、日傘もデザイン次第では、女性らしいエレガントさの演出に一役買うようです。かばんにすっぽり入るサイズの折り畳み日傘なら、荷物としても邪魔にならないのではないでしょうか。

  • 【8】高機能がウリの「UVカットファンデーション」

    「デートにはかわいくメイクしていきたいので」(10代女性)というように、メイクの一環として施せる日焼け止め対策なら何の問題もなさそうです。乳液、化粧下地、ファンデとUVカット製品を重ね塗りすれば、鉄壁の守りになるでしょう。

  • 【9】レディコーデなら違和感がない「ロンググローブ」

    「ロングコートにロンググローブの組み合わせなら、そんなに違和感がないかも」(20代女性)というように、手先の日焼け対策には長い手袋を使うとよさそうです。ただし、カジュアルなコーデでは確実に浮いてしまうので、少しレトロでレディなワンピースなどと合わせましょう。

「トータルで見て違和感がない」ということがもっとも重要だと言えそうです。使いたい日焼け対策アイテムに合わせてコーディネートを考えると、失敗がないのではないでしょうか。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock