合コンで「この子と話すと楽しい」と思わせるリアクション9パターン


合コンでの出会いを恋愛関係に発展させるには、狙った相手に「また会いたい」と思わせることが不可欠でしょう。そのためには、会話の中で好印象を残すのが近道に違いありません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「合コンで『この子と話すと楽しい』と思わせるリアクション」をご紹介します。

  • 【1】「それでそれで?それからどうなったの?」と話の内容に食いつく

    「『もっと知りたい』みたいな反応を見せられると、こっちもどんどんしゃべりたくなる(笑)」(20代男性)というように、興味深そうに耳を傾けることで、男性の話を引き出す作戦です。トイレから戻ったときに「さっきの続きなんだけど」などと切り出せば、並々ならぬ関心を抱いていることが伝わるでしょう。

  • 【2】「それめちゃめちゃわかるー!」と共感する

    「何度も何度も頷きながら同意してくれてうれしかった」(10代男性)など、相手の意見や考えに心から賛同してみせると、一気に二人だけの世界に浸れそうです。会話を続けていくうちに、音楽や映画などの好みが似ていることもわかれば、運命すら感じてもらえるかもしれません。

  • 【3】「マジで!本当に?すごい!」と心の底から驚いて感心する

    「お世辞だとわかっていても、すごいと言われて悪い気はしません」(20代男性)というように、真実味のあるリアクションなら、少々大げさでも、好意的に受け止めてもらえるようです。嘘くさいと思われたくなければ、あまりわざとらしくなり過ぎないように注意したいところです。

  • 【4】「でもそれってこうじゃないの?」と自分の意見も交えて返す

    「ちゃんと考えながら聞いてくれていることがわかる」(20代男性)など、こちらからも積極的に考えを発信すると、男性に会話の手応えを感じてもらえるようです。ただし、反論されるのを好まない人もいるので、相手のタイプは見極めたほうがいいでしょう。

  • 【5】「やだー!ウケる―!」とボディタッチを駆使して大げさに反応する

    「肩をバシバシ叩かれて痛かったけど(笑)、一気に親しくなれた気がしました」(10代男性)というように、親しみの気持ちを全身で表現するのもアリでしょう。やりすぎると、おばちゃんっぽくなってしまうので、程度をわきまえたいものです。

  • 【6】「へえーそうなのー。おもしろーい」といちいち目を輝かせる

    「ワクワクと覗きこむ顔がかわいかった」(20代男性)など、瞳をキラキラさせながら話に聞き入る愛らしい仕草で男性をノックダウンする戦法です。「おもしろい」以外に、「興味あるー」「勉強になった」など、いくつかのバリエーションを用意しておくと万全でしょう。

  • 【7】「どうして?なんでそうなるの」と要所要所で話を掘り下げる

    「なんだか自分がとても物知りになった気がしました」(20代男性)というように、自分のウンチク話に突っ込みを入れられるのを好む男性もいるでしょう。とはいえ、相手を言い負かすようでは興ざめさせてしまうので、加減が必要かもしれません。

  • 【8】「例えば?」「それって普通なの?」と展開しやすい質問で会話を長続きさせる

    「質問に答えているうちに自分の考えも整理できて、また話したくなった」(20代男性)など、「聞き上手」に徹して、話し甲斐のある相手だと思わせてしまう方法です。具体例を尋ねたり、背景を確認すると、会話に奥行きが生まれるでしょう。

  • 【9】「参ったなー、そうきたかー!」と下ネタにも一定の理解を示す

    「露骨にいやがったりしないでくれて助かった」(20代男性)というように、一瞬引くような話題でも軽く受け流す懐の深さで、男性をホッとさせるパターンです。どうしても抵抗がある場合は、さりげなく話題を変えるのも一案です。

合コンでの会話は短時間で勝負が決まります。ごく短い間でも会話を楽しみながら好印象を残せるように、日頃から腕を磨いておきたいものです。(倉田さとみ)
Photo:All images by iStock