「やっぱりいい女だ」と惚れ直させる別れ話への神対応9パターン


別れのタイミングでは、その人の本音の部分が飛び出すもの。そのため、彼氏に切り出された別れ話にどう対応するかで、女としての評価が変わってくるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『やっぱりいい女だ』と惚れ直させる別れ話への神対応」をご紹介します。

  • 【1】「ごめん、嫌いにはなれない」と愛を伝える

    「好きって言われたら、考え直しちゃうかも」(20代男性)というように、渾身の告白によって心を動かされる男性もいるようです。ただし、あまり何度も伝えると「重い女だな」と鬱陶しがられるおそれもあるので、「最後に一度だけ」と肝に銘じましょう。

  • 【2】「幸せになって」とすぐに状況を受け入れる

    「別れ話で恨み言を言われるのが一番イヤ」(10代男性)というように、なかなか別れを受け入れない女性は、彼氏から「面倒くさい女」と思われる可能性が高いようです。サバサバと別れたほうが、逆に男性が肩透かしを食って、別れ難くなるのではないでしょうか。

  • 【3】「いつでも戻ってきなよ」と冗談を言う

    「いい女は別れ話のときに余裕がある」(20代男性)というように、取り乱さずに笑って対応することができれば、「さすがオレの女だな」と見直されるかもしれません。「戻ってきていいよ」と言うことで、変わらぬ好意も伝えられるので、一石二鳥ではないでしょうか。

  • 【4】「悩んで辛かったよね」と相手を気遣う

    「自分が辛いときに他人を思いやれるのはすごいと思う」(10代男性)というように、別れ話を切り出した彼氏の辛さに思いを馳せると、「本当に優しい女だな」と感心されそうです。自分の辛さばかり主張するのは逆効果なので、恨みごとは封印したほうがいいでしょう。

  • 【5】「いろいろごめんなさい」と反省の念を告げる

    「謝られると、成長したなと感じる」(20代男性)というように、別れのタイミングで「ごめんなさい」と言えるかどうかは、いい女の分かれ道になるようです。反省のポイントを具体的に述べられると、信憑性も増すのではないでしょうか。

  • 【6】「楽しかったね」と泣きながら思い出話をする

    「楽しかったことを思い出すと泣きそうになる」(10代男性)というように、相手のほうから別れを決意したのだとしても、交際中の美しい思い出は色あせないようです。ただし、女の涙を「卑怯だ」と断ずる男性もいるので、彼氏のタイプを見極める必要はあるでしょう。

  • 【7】「友達としてもムリ?」と控えめな提案をする

    「人間的に好かれていると感じられるのは嬉しい」(20代男性)というように、「別れたい」と「バッサリ人間関係を切りたい」ということは同義ではないようです。ただし、スキンシップを受け入れて、「都合のいい女」にならないよう注意しましょう。

  • 【8】「新しい彼女も大切にね」と包容力をみせる

    「ほかに好きな人ができたとき、彼女に言われて感動しました」(20代男性)というように、次の恋へのエールを贈れる女性は貴重なので、自然と評価が高まりそうです。怒っても泣いても状況が変わらないなら、すべてを飲み込んで「いい女」を演じるのもアリではないでしょうか。

  • 【9】「今までありがとう」と別れ際に握手をする

    「『ありがとう』と言い合って別れるのが理想だよね」(20代男性)というように、「縁あって付き合った二人なのだから、最後はきれいに別れたい」と願う男性は多いようです。彼氏に非があったとしても、「喧嘩両成敗」と水に流してあげてはいかがでしょうか。

「終わりよければすべてよし」という言葉もあるように、別れのタイミングでの言動は「いい女度」を大きく左右するようです。未練があるケースほど、別れ際の印象アップに努め、未来にあるかもしれないセカンドチャンスにかけましょう。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock