気になる男性の連絡先をサクッと自然に聞く方法9パターン


自分のほうから男性の連絡先を聞くのは勇気がいるもの。ガツガツしていると思われたくなくて、躊躇してしまう人は少なくないでしょう。だからといって、連絡先を交換できないままでは関係が進展しないので、何らかのアクションは起こしたほうが良さそうです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「気になる男性の連絡先をサクッと自然に聞く方法」をご紹介します。

  • 【1】「せっかくなのでみんなで連絡先を交換しませんか?」と大勢で教え合う

    「全員でやれば嫌がる人もいないし、必死さもバレない」(10代女性)というように、複数の人間がいる場であれば、皆で連絡先を交換する時間を作ると、自然に事が進みそうです。「そろそろお開きに…」というタイミングで、さっと提案してみてはいかがでしょうか。

  • 【2】「Facebookとかやってます?」とSNSの話題を向ける

    「話の流れで教えてもらうのが自然でしょ」(20代女性)というように、FacebookやInstagram、LINEなどの話題を振ると、個人的なやりとりのきっかけが生まれるかもしれません。いざというときに備えて、普段からSNSの投稿内容を充実させておきましょう。

  • 【3】「この件についていろいろ相談したいんですけど」と仕事に絡めて聞く

    「仕事の用事がある前提なら聞きやすい」(20代女性)というように、業務上の相談があるふりをするのも有効なようです。相手が仕事がらみの知り合いでない場合は、得意分野に関する質問などをでっちあげてしまいましょう。

  • 【4】「一緒にプレイしましょう」とゲームアプリでの連携を提案する

    「同じゲームにハマッているなら話が早いかも」(20代女性)というように、ゲーム友達になってもらうのもひとつの手です。スマホを盛んにいじっている姿をみたら、何にハマッているのか聞いてみてはいかがでしょうか。

  • 【5】「写真送ります!」とデータを交換するために宛先を尋ねる

    「集合写真を撮ったときの定番ワザです(笑)」(20代女性)というように、みんなで写真を撮ったあとに、送付先として連絡先を尋ねるパターンです。合コンや飲み会で「いいな」と思う男性を見つけたら、とにかく写真を撮ってチャンスをものにしましょう。

  • 【6】「このスタンプ知ってます?」とLINEスタンプの話題を振る

    「知る人ぞ知る新作みたいなのを入手しておけば、これというときのネタにできます」(20代女性)というように、まだそれほど親しくない間柄でも、LINEスタンプのネタであれば、気軽に振りやすいかもしれません。興味を持ってもらえたら、すかさず「送ってあげますね」と誘導してIDを聞き出しましょう。

  • 【7】「LINEグループに入りませんか?」とすでにあるグループに誘う

    「個人的に連絡先を聞くよりもずっとハードルが低いです」(20代女性)というように、すでに存在するLINEグループへの参加を促すケースです。合コンや飲み会の場で、「グループを作りましょう」と呼びかけるのもアリかもしれません。

  • 【8】「せっかくなので」と会った記念として連絡先を聞く

    「『人生、一期一会なので』と言えば、それなりに納得してもらえそう」(20代女性)というように、出会った記念として連絡先を聞くというのも、なんとなく説得力がありそうです。初対面の人同士が集まったときや、同窓会など懐かしいメンツが顔を合わせたときであれば、とても自然でしょう。

  • 【9】「連絡先聞いてもいいですか?」とストレートに尋ねる

    「実際、気になっているんだし、隠す必要ないかなと」(20代女性)というように、いっそ率直に連絡先を尋ねてしまうパターンです。いい口実が浮かんでこないときは、難しい理由を考えずに、直球でぶつかったほうが好感度は高いかもしれません。

既婚者でもないかぎり、女性に連絡先を聞かれて困る理由など考えにくいので、身構えずに気軽にチャレンジしてみましょう。(外山武史)
Photo:All images by iStock