「一生おひとり様かも」とオトナ女子が本気で落ち込む瞬間9パターン


「いつかは結婚したい」と考える女性にとって、「もしかしたら一生結婚できないかもしれない」と感じるのは非常に怖いことです。では、一体どんなタイミングで「もしかしたら…?」と不安に襲われるのでしょうか。そこで今回は、20代から30代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「『一生おひとり様かも』とオトナ女子が本気で落ち込む瞬間」をご紹介します。

  • 【1】長年付き合った彼氏に振られてしまったとき

    「結婚するかも、と思っていた相手との別れはイタい」(20代女性)というように、長期間交際すると自然と結婚を意識するので、その相手から別れを切り出された女性は大きなダメージを被るようです。難しいとは思いますが「新しいチャンスだ」と前向きに捉えるしかないでしょう。

  • 【2】まわりの友達が自分以外全員結婚してしまったとき

    「取り残されたような気持ちになる」(30代女性)というように、結婚意欲がそれほど高くなくても、仲間内で未婚者が一人だけという状況に焦りを感じる女性は多いようです。職種や地域によって結婚平均年齢には大きな開きがあるので、たくさん友達を作って視野を広げましょう。

  • 【3】アラサーになって一人で誕生日を過ごしているとき

    「今一人ってことは…と将来が怖くなりました」(20代女性)というように、たまたまそのタイミングで彼氏がいないだけでも、「もう恋ができないのでは」と絶望的な気持ちになることがあるようです。合コンを開いてもらうなど、無理にでも恋を予感させる誕生日にしましょう。

  • 【4】結婚に関するシビアな調査データを見たとき

    「30代女性の○%しか結婚できない、とか聞くとゾッとする」(30代女性)というように、データで客観的に自分の状況を見つめたことで不安が高まるパターンです。データはある面での真実ではありますが、ケースバイケースなので深刻に捉えすぎる必要はないでしょう。

  • 【5】元カレに子どもが生まれたとき

    「ストレートにショックを受けました」(30代女性)というように、未練の有無にかかわらず、元カレに先を越されて動揺する女性は多いようです。不要な焦りを感じないためにも、別れたらSNS上のつながりも切ってしまったほうがいいかもしれません。

  • 【6】一人で暮らすマンションの更新をしたとき

    「これから先2年は独身、と宣言してしまった気分(苦笑)」(20代女性)というように、マンションの契約更新をすると、数年間ライフスタイルが変わらないような気がする女性もいるようです。中途半端な気持ちで過ごしたくなければ、「次の更新までに結婚相手を探すこと」を目標に掲げてみてはいかがでしょうか。

  • 【7】「誘って」と言っても合コンに呼ばれなくなったとき

    「同じ部署で自分だけ呼ばれてなかったことに衝撃を受けた」(20代女性)というように、本当の理由はどうあれ、「合コンに呼ばれない=おばさん」と受け取り、ショックを受ける女性は多いようです。年齢以外の原因はないか、落ち込む前にまずは人間関係を見直しましょう。

  • 【8】とんでもない衝動買いをしてしまったとき

    「こんなダメ女は結婚できないかも…と大反省」(20代女性)というように、若い頃に比べてバカな行いをしたときに大きなダメージを感じてしまうケースです。反省は必要ですが、それとこれとは関係ないので、冷静に切り離して考えてみましょう。

  • 【9】一年など一定期間デートすらしていないとき

    「もう女として終わった…と思ってしまう」(30代女性)というように、長期間恋愛から離れていると、結婚など到底できない「大偉業」に思えることもあるようです。一人でいる期間こそ自分磨きのチャンスと捉え、女っぷりを上げる努力をすれば、自ずと結果は出るのではないでしょうか。

まわりのライフステージが変化したり、自分があまりに恋愛から遠ざかっていたりすると、落ち込みを禁じ得ない女性も多いようです。とはいえ、どれもこれも根拠のないことなので、むやみにネガティブになる必要はないでしょう。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock