「かわいいのに未婚」のアラサー女子に対する男の偏見9パターン


見た目がキレイな女性がある程度の年齢になっても結婚していないと、まわりはあれこれ詮索するもの。ある程度は仕方のないこととはいえ、そのせいで恋愛を遠ざけてしまってはもったいないので、日頃から言動には気をつけたほうがよさそうです。そこで今回は、20代から30代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『かわいいのに未婚』のアラサー女子に対する男の偏見」をご紹介します。

  • 【1】「仕事一筋に違いない」

    「仕事が楽しくて、結婚したくないんだろうなと思う」(20代男性)というように、恋愛より仕事を優先する女だと思われるパターンです。クリスマスやバレンタインに遅くまで残業していると、さらに確信が深まってしまうので、イベントデーは予定がなくても早々に仕事を切り上げましょう。

  • 【2】「きっと理想が高いんだろうな」

    「『結婚できない女』には見えないので、本人が相当選んでるんだなと踏んでしまう」(30代男性)というように、相手に求める条件が多すぎるのだと思われるパターンです。「高飛車な美人」というイメージはマイナスでしかないので、親しみやすいよう自虐ネタを披露してはいかがでしょうか。

  • 【3】「家事が全然できないんじゃないか」

    「彼氏ができても『家庭に入る』イメージを持たれないんだと思う」(20代男性)というように、著しく家事能力に欠けていると思われるパターンです。共働きで家事を分業するカップルが多い時代とはいえ、女性に家事能力を期待する男性も多いので、職場に手作り弁当を持っていくなどしてスキルの高さを見せつけましょう。

  • 【4】「実はひとり時間が大事なオタク女子?」

    「触れてはならない趣味を持ってそうな気がします(笑)」(20代男性)というように、ビジュアル系バンドの追っかけやBL同人誌作りなど、コアな趣味のせいで婚期を逃したと思われるパターンです。趣味がどうあれ、リアルな男性に興味がないと認識されてしまうことが問題なので、合コンなどに行って恋愛意欲の高さをアピールしましょう。

  • 【5】「ものすごく稼いでいるのかな」

    「完全に自立してるから、結婚する必要がないんじゃないかなと感じます」(20代男性)というように、経済的に豊かであるために、結婚を選択しなかったと思われるパターンです。プライドの高い男性ほど、自分より収入の多い女性を敬遠しがちなので、事実でも「稼ぎは十分」といった類の発言は避けましょう。

  • 【6】「男を見下していたりして…」

    「そもそも、男が好きじゃないのでは?と邪推したくなります」(30代男性)というように、男性への嫌悪感が根底にあると思われるパターンです。気の強い女性や、歯に衣着せぬ物言いをする人は、このタイプだと誤解されやすいので、意識して男性を褒めるようにしましょう。

  • 【7】「変わった性格の可能性がある」

    「誰かと一緒に暮らせないほどの変人としか思えない」(30代男性)というように、性格に難アリと思われるパターンです。面倒くさい女と付き合いたがる男性はかなりレアなので、一般的な「男性ウケ」を狙うなら、注意して「不思議ちゃん発言」を封印しましょう。

  • 【8】「まだ遊びたいのかもしれない」

    「モテそうだから、まだまだ恋愛を楽しみたいんだろうと想像する」(20代男性)というように、美しさゆえに「恋愛の現役を退く気がない」と思われるパターンです。「遊びたい女子」には、同じく「遊びたい男子」が寄ってくるものなので、重いと思われるのを恐れずに結婚願望の強さを強調していきましょう。

  • 【9】「もしかして不倫してる!?」

    「きっとよくない恋愛をしているのではと疑ってしまう」(20代男性)というように、結婚できない相手と付き合っていると思われるパターンです。不倫の是非はさておき、男性は女性にある程度の処女性を求めるものなので、たとえ過去のことでもよからぬ恋愛遍歴について語らないようにしましょう。

本来、見た目の美しさは女性の魅力を高めるものですが、ある程度の年齢の未婚女性に関しては例外もあるようです。まわりの良からぬ想像を助長しないよう、自分の見え方を意識して行動しましょう。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock