「彼氏の元カノ」にばったり遭遇したときのとっさの対応9パターン


過去の経緯がどうあれ、「彼氏の元カノ」というのは微妙な存在です。彼氏と一緒に歩いているときに、偶然顔を合わせてしまったら、どんなリアクションを取るといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『彼氏の元カノ』にばったり遭遇したときのとっさの対応」をご紹介します。

  • 【1】そっと彼氏に身体をすり寄せる

    「変に気を回してあたふたされるよりはマシ」(10代男性)など、焦った末におかしなトークを展開するよりは、「ただ彼氏の横に立つ」というのが得策かもしれません。彼氏にじわじわと身体をすり寄せて、自分が「今カノ」であることをアピールしましょう。

  • 【2】「こんにちは」とさわやかに挨拶する

    「別に悪いことをしているわけじゃないので、挨拶ならしてもいいと思う」(20代男性)など、彼氏との関係が浮気や不倫でなければ、挨拶はむしろ自然な行動だといえそうです。彼氏と元カノが一言二言近況報告を交わしたのち、別れる段になったら、横から「失礼します」と言い添えるくらいでちょうどいいでしょう。

  • 【3】気づかないふりをして先に歩いていく

    「絶対気づいているのに立ち止まらないというとっさの機転に感心した」(20代男性)など、あえて「自分は関わらない」というのも利口な判断でしょう。とはいえ、元カノを牽制しておきたいような事情がある場合には、スルーするよりも「今カノ」として何か言葉を交わしたほうがよさそうです。

  • 【4】にこやかな表情で軽く会釈をする

    「マナーとして無視はしないのは大人の対応ですよね」(20代男性)というように、軽く頭を下げる程度の対応なら、角が立ちにくそうです。控えめながら礼儀正しい姿を見せれば、「ちゃんとした女性と付き合ってるんだな」と印象付けられるかもしれません。

  • 【5】自然な形で会話の輪に加わる

    「元カノも今カノも社交的なせいか、ピリピリしたムードにもならずなごやかに話していて拍子抜けした(笑)」(10代男性)など、彼らの別れ方に遺恨がなければ友達感覚で会話に加わってもいいでしょう。とはいえ、不用意な深入りは控えたほうがよさそうです。

  • 【6】「お話は伺ってます」と過去の経緯を普通に受け入れる

    「もともと元カノのことは包み隠さず話していたので問題なかった」(20代男性)というように、二人の過去に特に気遣う点がなさそうなのであれば、「あなたが彼氏の元カノであることは承知している」と表明してしまってもいいかもしれません。意味深な言葉に聞こえないよう、「悪口とか全然言ってないから」などと彼氏に一言フォローしてもらうと万全でしょう。

  • 【7】「ちょっとコンビニで飲み物買ってくるね」とその場を離れる

    「お互い足を止めた瞬間に気まずい空気が流れたので、いなくなってくれて正直助かった」(20代男性)など、面倒な展開になる前に姿を消すという対応もアリのようです。何か自然な理由をつけていったん立ち去れば、こちらの動揺を元カノに悟られずに済むでしょう。

  • 【8】「風が強いですね」と天気の話題を振る

    「いきなり天気の話をされて、元カノは面食らったみたいだった(笑)」(10代男性)など、予想外の一言で肩すかしを食らわせるのは、その場を丸く収めるには有効かもしれません。元カノも「そうですね」としか返しようがないはずなので、会話が膨らむことなくその場をお開きにできるでしょう。

  • 【9】一歩下がって気配を消す

    「ただ黙って後ろにいるだけで、かといって嫌味でもなく、無難ですよね」(20代男性)など、「無駄に波風を立てない」という意味では、気配を消して押し黙るのが正解かもしれません。元カノと別れた理由を聞いていないのであれば、いい機会なのでその場を離れたあとで彼氏に確認するといいでしょう。

思いもよらぬシチュエーションに動揺してしまうかもしれませんが、とっさの判断で状況を読んで、その場に応じた正解を選んでみましょう。(石原たきび)
Photo:All images by iStock