彼氏を「ストーカー化」させてしまう中途半端な別れ方9パターン


大好きだった彼氏に別れを告げるのは勇気が要るもの。しかし、相手を傷つけたくないからといってあやふやな別れ方をすると、最悪の場合、取り返しのつかない事態を招いてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「彼氏を『ストーカー化』させてしまう中途半端な別れ方」をご紹介します。

  • 【1】「あなたのことは大好きだけど…」と煮え切らない態度を取る

    「こっちも『だったら別れる必要なくない?』と食い下がるしかないですよね」(20代男性)というように、彼氏への変わらぬ想いを伝えながら別れ話を切り出すと、「納得できない」と拒絶されるかもしれません。たとえ情は残っていたとしても、ここは「気持ちが冷めた」などと嘘をつくのが、お互いのためでしょう。

  • 【2】「ずっと友達でいて」とある程度のつながりは維持しようとする

    「人としては好きってことだから、まだチャンスはある!と楽観視してしまった」(20代男性)というように、恋愛関係から友達関係に移行しようとしても、そううまくはいかないようです。絶縁する気はなくても、一旦は関係を断ち切るのが正解でしょう。

  • 【3】「メッセありがとう」と連絡があれば普通にやりとりに応じる

    「これ絶対俺に未練あるだろ!って、妙な自信が湧いた(苦笑)」(10代男性)というように、別れを告げたにもかかわらずやりとりを続けて、相手を期待させてしまうケースです。振った直後だと相手の様子が気になりますが、心を鬼にしてスルーしたいところです。

  • 【4】「とりあえず置いといてもらえる?」と彼氏の部屋に私物を残す

    「毎日視界に入るから、なかなか気持ちを切り替えられなかった」(20代男性)というように、彼氏のもとに「忘れ形見」を残すのも残酷かもしれません。とはいえ、別れを宣言し、荷物を取りに行き…と計画的に事を進めるのであれば、心の準備をしてもらえるメリットはありそうです。

  • 【5】「その欠点さえなければ別れずに済んだかも」と関係改善の余地を与える

    「『じゃあ直すから!』と泣きついた」(10代男性)というように、別れの原因を明確に示したせいで、諦めてもらえるどころか、かえってやる気を起こさせてしまうケースです。「今さら遅い」などと突っぱねて、決意が固いことをなんとか分からせましょう。

  • 【6】「好きな人ができたとかじゃなくて…」とライバルの存在を否定する

    「別の男と付き合いたいとかなら、むしろ潔く身を引くんですけど…」(20代男性)というように、修羅場を避けようとして、気になる男性の存在を隠すのも善し悪しのようです。彼氏の性格にもよりますが、真実を明かしたほうが話が早い場合もありそうです。

  • 【7】「今は余裕がないから」と将来的な復縁の可能性を示唆する

    「そのときは引き下がったけど、いつまでも待つ覚悟だった」(20代男性)というように、「とりあえず今は無理」などと含みを持たせると、無駄に希望を抱かせてしまいそうです。相手を解放してあげるためにも、「望みはない」と厳しい態度で伝えましょう。

  • 【8】「少し距離を置きたい」と完全な破局を言い渡さずにお茶を濁す

    「こっちとしては、別れたっていう認識はなかった」(20代男性)というように、それとなく関係をフェイドアウトさせようとして、失敗するケースです。彼氏があまりにもすんなり了承した場合は、こちらの意向を伝え直したほうが安心かもしれません。

  • 【9】「別れるのが最善なのか分からないけど…」と迷いをほのめかす

    「押せばなんとでもなりそうな気がしてしまった」(20代男性)というように、気持ちが揺れていることを匂わすと、相手につけ入る隙を与えてしまいそうです。押しに弱い人は、決意を固めてから別れ話を切り出したほうが、腐れ縁にならずに済むでしょう。

別れ話に及び腰で臨むと、自分も彼氏も苦しめてしまいそうです。次のステップに進むために、勇気を振り絞りましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock