試す価値あり!シャイな女子でも実践可能な「甘え方」9パターン


女性からかわいく甘えられると、ついついデレッとしてしまうのが男というもの。とはいえ、気恥ずかしくて、なかなか大胆になれない人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「試す価値あり!シャイな女子でも実践可能な『甘え方』」をご紹介します。

  • 【1】突然タメ口になるなど、LINEやメールではいきなり距離を詰める

    「照れて言えないこともLINEなら伝えられます」(10代女性)というように、面と向かって甘えるのは恥ずかしくても、SNSやメールならいくぶん心を開きやすそうです。なれなれしくならない程度に、フレンドリーなメッセージを送ってみてはいかがでしょうか。

  • 【2】気持ちを察してほしそうに、服の袖や裾を無言で引っ張る

    「自分もやられたらキュン…とするので」(20代女性)というように、服を軽くつまむだけでも、甘い雰囲気を演出できるかもしれません。何かを察してほしそうな上目づかいでじっと見つめながら試してみましょう。

  • 【3】「ひとつだけコレ持ってくれる?」など、ものすごく遠慮がちに何かをお願いする

    「『ちょっと手伝ってくれる?』みたいな口実があると甘えやすくなりますよね(笑)」(20代女性)というように、ストレートに甘えるのが恥ずかしいなら、何か理由を付けて頼ってみるとよさそうです。してもらったことには、もちろん最高の笑顔で「ありがとう」と言いましょう。

  • 【4】あえて方言を使い、気を許していることをさりげなくアピールする

    「いつもは標準語なんですが、気になるカレの前でだけは博多弁で『素の自分』を見せますね」(20代女性)というように、話し方ひとつでフランクなムードに持ち込む人もいます。いわゆる「方言萌え効果」も期待できるので、試す価値はありそうです。

  • 【5】みんなの前では我慢強いのに、二人きりになると少しだけ弱音を吐く

    「本当はそんなに強くないよってところを、好きな人だけに見せます」(10代女性)というように、内面のもろさをさらけ出せば、男性の「守ってあげたい気持ち」を引き出すことができるかもしれません。ただし、ネガティブすぎても相手の気持ちを萎えさせてしまうので、加減は考えましょう。

  • 【6】「今日はちょっと彼女ぶっていいっすか?」と願望を伝える

    「何か一言断りを入れておくと、甘えやすくなります(笑)」(20代女性)というように、冗談っぽく好意をほのめかして、距離を縮めていく手もあります。デートを何回か重ねても進展がないときなどは、現状への打開策として使えそうです。

  • 【7】「もう少しだけ付き合って!」とLINEのやりとりを終わらせようとしない

    「『さみしい…』ってアピールしまくります(笑)」(10代女性)というように、連絡を切り上げようとする男性に、かわいらしくワガママをぶつけてみるのもよさそうです。スタンプを上手に絡めて、名残惜しい気持ちを伝えましょう。

  • 【8】「ほんとは私の気持ちに気づいているんでしょ…」などとお酒の力を借りて大胆なセリフを吐く

    「ほとんどやけっぱちですけど、その後の展開が早まりました(笑)」(20代女性)というように、気持ちが大きくなっているときこそ甘えるチャンスと言えそうです。感情を出し過ぎるとヒステリーっぽく見えるので、ぽつりと呟く程度がベターかもしれません。

  • 【9】酔った勢いでさりげなくボディを密着させる

    「シラフじゃ絶対できないことをしないと!(笑)」(20代女性)というように、お酒が入っているときであれば、スキンシップに踏み出すこともできそうです。夜景を見ながら体を寄せてみるなどして、大胆に攻めてみてはいかがでしょうか。

「甘える」という行為は、「心を開く」のとかなり似ているようです。かわいいところを見せようと思って頑張るよりも、素の自分を出していくことが、結果として男性との距離を縮める「甘え技」につながっていくのかもしれません。(外山武史)
Photo:All images by iStock