一生忘れられない!女子からのユニークすぎる告白9パターン


付き合えたにせよ、付き合えなかったにせよ、思いを寄せていた男性にはいつまでも自分の存在を忘れてもらいたくないもの。そのためには、なんとしても相手の記憶に残る告白方法を編み出すとよいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「一生忘れられない!女子からのユニークすぎる告白」をご紹介します。

  • 【1】好きな人の話を聞いていたら実は自分のことだった

    「『私の好きな人はねえ…』って話に出てくる男の特徴がまるまる自分でした」(20代男性)というように、恋愛相談をするフリをして告白するパターンです。「好きな人?いるよ」といったん男性に「自分のことじゃない」と油断させておくのがポイントになるでしょう。

  • 【2】隣にいるのに何食わぬ顔をしてメールで告白してきた

    「普通に遊んでいたときに送ってこられたのでキョドった」(10代男性)というように、すぐそばにいるのにあえてメールで告白するパターンです。あわてふためく相手の姿を眺めて楽しむ余裕を見せると「こいつにはかなわない…」とビビらせることもできるかもしれません。

  • 【3】初対面なのに「めちゃタイプ」といきなり告白された

    「女の人って奥手な人が多いので、ストレートでいいと思った」(20代男性)というように、直感ですぐさま告白するパターンです。もっとも、お酒が入っている席では、単に酔っ払っているだけだと見なされて、スルーされてしまいそうです。

  • 【4】自分で作った歌で告白された

    「ギター片手に自作の歌を披露されたときは恥ずかしかったけど、一生の思い出かも(笑)」(20代男性)というように、歌で告白するパターンです。カラオケの告白ソングだと意図が伝わらない可能性があるので、ここはオリジナルにこだわりたいところです。

  • 【5】山頂でこだまするくらいの大声で告白された

    「一緒にハイキングに行ったとき、思いっきり『好きだー』って言われました」(20代男性)というように、大声で愛を叫ぶ告白パターンです。叫んだあとは「ギャー!恥ずかしい」と走って下山すると、勢いで追いかけてもらえるかもしれません。

  • 【6】駅で別れて電車のドアが閉まった瞬間に口パクで告白された

    「そのときは『何を言ってるんだろう?』と思ったけど、あとでわかってドキドキした」(10代男性)というように、別れ間際に告白するパターンです。鈍感な人には「今から口パクで何回か言葉を言うからメールで回答して」とクイズにするとよいでしょう。

  • 【7】「私の好きな人」とSNSに写真を投稿された

    「いったら全世界に向けて告白したようなものですからね」(20代男性)というように、SNSの投稿やコメント欄で告白するパターンです。周囲の人まで巻き込むため、黒歴史化は免れませんが、効果は絶大なので強い覚悟で挑みましょう。

  • 【8】先にキスで口をふさがれてから告白された

    「男ならありそうだけど、女の子からやられたのは新鮮」(20代男性)というように、いきなりチューから告白を始めるパターンです。ただし、少しでも酔っ払っていると単なるキス魔だと思われるかもしれないので、あくまでしらふのときに実行したいものです。

  • 【9】罰ゲームでみんなのいる前で告白された

    「『好きな人を言う』という罰ゲームで思いっきり名前を呼ばれた」(10代男性)というように、仕方なく、でも思い切って告白するパターンです。あざとい方法ですが、あえて罰ゲームが当たるよう女子同士で画策する手もありそうです。

このように、印象的な告白と恥ずかしい黒歴史はワンセットになりがちなもの。ですが、恐れていては何も始まりません。ダメ元で大胆な告白にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。(熊山 准)
Photo:All images by iStock