僕では力不足かも…デート中、女の子に気後れする瞬間9パターン


恋愛経験の少ない男性は、女の子の振る舞いにいちいち過剰反応してしまうもの。お互い気持ちよくデートを楽しみたければ、相手を尻込みさせる状況は、できるだけ作らないようにしたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「僕では力不足かも…デート中、女の子に気後れする瞬間」をご紹介します。

  • 【1】やけにこなれた感じの待ち合わせ場所を指定されたとき

    「早めに集合場所に着いたらカップルだらけで動揺した」(10代男性)というように、定番の待ち合わせスポットを指定して、経験値の違いを感じさせてしまうパターンです。初デートのときは、男性に場所を決めてもらったほうがいいかもしれません。

  • 【2】行き先のデートスポットについてやたらと詳しく説明されたとき

    「もう何度も行ったことあって、飽きているかも…とかいろいろ考えちゃいました」(10代男性)というように、その日の目的地についてペラペラ話すのも善し悪しのようです。相手が初めての場合は、自分も初訪問のつもりで楽しみたいところです。

  • 【3】こちらの出方を試すような上目遣いを連発されたとき

    「こっちの力量をはかられている気がして困ります」(10代男性)というように、ウブな男性に意味ありげな視線を送り続けると、グッタリと疲れさせてしまうようです。相手がガチガチになっているようならプレッシャーを与えないようにしましょう。

  • 【4】「無理しなくていいよ」と、緊張しているのを完全に見透かされたとき

    「肩に力が入りまくってるのを見破られて恥ずかしかったです」(10代男性)というように、緊張のあまり挙動不審になっている男性を優しくフォローしても、かえって逆効果になってしまうようです。わざわざ指摘するよりも、黙って見守ってあげたほうが、じきに落ち着いてもらえるかもしれません。

  • 【5】女の子のほうからさりげなく手をつないできたとき

    「手汗でビショビショだったのですごく焦りました!」(10代男性)というように、軽いスキンシップを仕掛けただけで、重大事件だととらえられてしまうケースです。控え目に触れるだけならまだしも、元カレにしていたのと同じようなノリでやると引かれてしまうでしょう。

  • 【6】職場や学校での充実した生活ぶりをたっぷりと聞かされたとき

    「リア充すぎてついていけない気がしました」(20代男性)というように、充実した毎日についてたっぷり語ってしまうと、非リア充の男性を気後れさせてしまうようです。「いつも何してるの?」と聞かれて正直に答えた結果なら仕方がないですが、話を盛るのはやめておきましょう。

  • 【7】必死でしゃべったネタを「ああ、それ知ってる」と軽く流されたとき

    「そう言われると、次の話が浮かんでこなくなってしまいます」(10代男性)というように、悪気がなくても話の腰を折ったせいで、男性を困らせてしまうパターンです。ノリノリでトークしている間は、気持ちよくしゃべらせてあげてはいかがでしょうか。

  • 【8】昔の恋愛話を次から次へと聞かされたとき

    「こっちは披露できるネタが一つもないので辛かった」(20代男性)というように、過去の恋愛経験を語りすぎるのも妙な空気を招いてしまうようです。もし仮に昔の恋愛についてしつこく聞かれたのだとしても、適当に言葉を濁しておくのがお互いのためかもしれません。

  • 【9】デートの仕切りにチクチクとダメ出しされたとき

    「自分なりに一生懸命だったんですが、自信なくした」(20代男性)というように、相手の段取りが悪いからといって、その場で指摘するのはまずそうです。未熟な男性の成長を見守るくらいの広い心で接してあげてはいかがでしょうか。

相手の男性が、女性慣れしてなさそうな場合はもちろん、そうでない場合でも、初めてのデートのような気持ちでのぞむといいかもしれません。面倒くさいかもしれませんが、それが男性を動揺させないためのコツと言えるでしょう。(外山武史)
Photo:All images by iStock