遠距離恋愛中の「悪い想像」を封じ込める方法9パターン


遠距離恋愛中は、会えない寂しさや浮気の心配から、つい「悪い想像」を膨らませてしまうもの。しかし、起きてもいないことにヤキモキしても不安が増すだけなので、悪循環は早めに断ち切ったほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「遠距離恋愛中の『悪い想像』を封じ込める方法」をご紹介します。

  • 【1】頭を切り替えるため、無理にでも仕事や勉強に打ち込む

    「レポートの下調べを始めたりして、とにかく彼氏のことを考えないようにする」(20代女性)というように、目の前のことに意識を集中して、「悪い想像」を頭から締め出す方法です。不安がまだ小さいうちなら、それほど苦労せずに頭をリセットできるでしょう。

  • 【2】気の置けない女友達に声を掛けて、パーッと飲み食いする

    「女子会と称して、よく気晴らしに付き合ってもらってる」(20代女性)というように、女友達とワイワイ騒げば、遠距離恋愛のつらさも一時的には吹き飛びそうです。寂しさに負けて自分が浮気に走ってしまわないよう、「男子禁制」にするのが賢明でしょう。

  • 【3】ジムに入会したり新しい趣味を始めて、注意をよそに向ける

    「ジョギングにハマってから、ネガティブな空想が減った」(10代女性)というように、一人の時間を有効に使って、運動や趣味に打ち込むのもいいでしょう。彼氏と共通の目標を定めて成果を報告し合えば、離れていてもお互いを身近に感じられそうです。

  • 【4】もっと頻繁に会いに行けるよう、バイトや副業にいそしむ

    「不安になるのは会えないから。だったら会う回数を増やそう!と」(20代女性)というように、デート資金が潤沢なら、不安とは無縁の遠距離恋愛になるかもしれません。とはいえ、会う時間が取れないほど仕事を入れて、本末転倒になるのだけは避けたいところです。

  • 【5】ダイエットや肌のケアに励み、自分をしっかりメンテナンスする

    「絶対驚くぞとニヤニヤしながら、くびれエクササイズしてます(笑)」(20代女性)というように、次のデートのために自分磨きに精を出すのも、不安解消に役立ちそうです。会えないのを逆手に取って、たっぷり時間を掛け、格段に美しくなった姿で登場しましょう。

  • 【6】同じように遠距離恋愛している友達と悩みを分かち合う

    「つらいのは自分だけじゃないと分かって、ラクになった」(10代女性)というように、同じ境遇の友達に自分の心情を打ち明けると、束の間でもホッとできそうです。友達の不安に影響されてますます暗い気持ちになってしまうことのないよう、とにかく励まし合いましょう。

  • 【7】不安などおくびにも出さずに、明るい口調で彼氏に電話する

    「浮気疑惑が吹き飛んだ。思い切って連絡してよかった」(20代女性)というように、彼氏の声を聞くだけで、不安が和らぐ場合もありそうです。ある程度話題を決めてから電話すれば、ふいに不安がこみあげて相手に余計な心配をかけることもないでしょう。

  • 【8】彼氏からのメッセージや写真を見返して、想いを新たにする

    「自分の妄想で今の関係を壊さないようにしようと思った」(20代女性)というように、これまでの思い出に目を向ければ、彼氏を信じる気持ちが復活するかもしれません。大事なデータはいつでも見られるようにして、お守りにするとよさそうです。

  • 【9】困らせない程度に彼氏に不安を訴えて、気持ちをひとつにする

    「向こうも同じ想いだったから、『がんばろうね』と言い合った」(10代女性)というように、あまりに不安が大きいなら、彼氏にぶつけてもいいでしょう。とはいえ、「今すぐ会いたい」などとワガママを言って事態を悪化させないよう、冷静さは保っていたいものです。

「悪い想像」を撃退する方法はいろいろあるようです。勝手に不安になって二人の絆を弱めてしまわないよう、自分をしっかりコントロールしましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock