これ見よがしにほかの子とイチャつく男性を動揺させる一言9パターン


自分に気のある素振りを見せていた男性が、したり顔でほかの女性と仲良くし始めたら、カチンと来てしまうもの。とはいえ、そこで相手の策略にはまることなく、上を行く一言を浴びせれば、「恋の駆け引き」で優位に立てるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「これ見よがしにほかの子とイチャつく男性を動揺させる一言」をご紹介します。

  • 【1】「ヤキモチを焼かせたいんでしょ?」と余裕の表情を見せる

    「読まれてる!と思って、ややこしいことをするのはやめた」(10代男性)というように、相手の魂胆を見透かして、作戦を台無しにする方法です。「一枚上手」だと認めさせれば、次からはストレートに好意を示してもらえるかもしれません。

  • 【2】「そんな人だと思わなかった」とプイッとその場を去る

    「もしかして嫌われた?と不安になった」(20代男性)というように、失望感たっぷりの捨て台詞を残して、相手の自信満々な態度を崩す方法です。とはいえ、過剰にツンケンして逆に見限られないよう、ほどほどの所で機嫌を直したほうがいいでしょう。

  • 【3】「いい子と出会えてよかったね!」と嫌みたっぷりに祝福する

    「予想外の一言に頭が真っ白になった」(10代男性)というように、女性との仲をむしろ喜んでみせると、こちらの意外な反応に相手は戸惑うかもしれません。いつも以上に朗らかに接して、「あなたの企みなど痛くも痒くもない」と分からせましょう。

  • 【4】「ずいぶん子どもっぽいことするね…」と呆れてみせる

    「『こういう駆け引きは卒業した』と言われた気がして、恥ずかしくなった」(20代男性)というように、相手の戦術を「幼稚」だと一刀両断するのも効果的でしょう。特に、「大人の男に見られたい」とがんばっている男性には、大きなダメージを与えられそうです。

  • 【5】「意外とチャラ男なんだ…」と冷たい視線を浴びせる

    「『違う違う!』と慌てて弁解した」(10代男性)というように、大げさに軽蔑してみせて、相手を狼狽させる作戦です。うろたえる男性に向かってニヤリとほくそ笑えめば、「罠にかかったのは俺のほうか…」と白旗を上げさせられそうです。

  • 【6】「私のことはぜんぜん気にしないで」とスマホに没頭する

    「イチャつき現場を見てもらえなければ意味ないですよね…」(20代男性)というように、「どうぞご自由に」と肩透かしを食らわせるのもよさそうです。気になってチラチラ覗き見すると相手の術中にはまってしまうので、「完全無視」を決め込みましょう。

  • 【7】「こっちも遠慮しないから」と自分も別の男性と談笑する

    「仕掛けておいてなんだけど、気が気じゃなかった」(20代男性)というように、こちらも同じ手に打って出ようとすると、一気に形勢を逆転させることができそうです。その後、きちんと種明かしをすれば、本格的に関係がこじれてしまうこともないでしょう。

  • 【8】「この子にはどんな手を使ったの?」と無邪気に間に割り込む

    「三人で会話するハメになって最悪…」(20代男性)というように、素知らぬ顔で話し掛けて、相手の不意を突くパターンです。男性そっちのけで相手の女性と盛り上がれば、「ヤバい展開になってきた…」とビクビクさせられるかもしれません。

  • 【9】「私に気があるわけじゃなかったんだね!」とホッとしてみせる

    「両思いだと思っていい気になってたことを反省しました」(20代男性)というように、自分達の間には恋愛感情など存在しないかのように振る舞うと、相手のうぬぼれを木っ端みじんにできそうです。すかさず「でもちょっと寂しいかも…」などと翻弄して、主導権を握ってしまいましょう。

男性の狙いを的確に察知し、その半歩先を行くことが重要なようです。嫉妬心を悟られないよう、冷静に対処しましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock