男性をムッとさせる「ほかの人と行ったデート」との比較9パターン


男心は意外と繊細なもの。何の気なしにデートへの感想を漏らすだけでも、ほかの男性の影が見え隠れして、イラッとさせてしまうことがあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「男性をムッとさせる『ほかの人と行ったデート』との比較」をご紹介します。

  • 【1】「まだチケット買ってなかったの?」と事前の段取りの悪さを非難する

    「『普通先に用意するよね』って、その『普通』は誰のこと?」(10代男性)というように、段取りの悪さをチクッと刺して、険悪なムードを招くパターンです。多少は頼りなく思えても、とりあえずリードを任せてみてはいかがでしょうか。

  • 【2】「あれ、車じゃないんだ?」と電車移動を露骨に嫌がる

    「『電車でデートなんて何年ぶり…?』と言われて萎えた」(20代男性)など、車でのデートを当然だと考えていることも男性を不快にさせるようです。車移動を希望するのなら、「今度、レンタカーで遠出してみない?」などと、あらかじめリクエストしておきたいところです。

  • 【3】「並んで歩きたくないなぁ」とファッションに駄目出しをする

    「『服装のトーンくらい合わせてくれてもいいよね?』と言われてカチンと来た」(10代男性)というように、ファッションにケチをつけるのもまずそうです。正式に交際をスタートさせるまでは多くを望むべきではないでしょう。

  • 【4】「車線変更が怖いなら運転やめたら?」とドライブテクを馬鹿にする

    「『男でも割り込みが苦手な人っているんだ』ってどういう意味?」(20代男性)というように、運転技術に自信がない男性にとって、そこをわざわざ指摘されるのは非常に傷つくことのようです。ガチガチに緊張している様子なら、「下道でのんびり行こうよ」などとリラックスさせてあげましょう。

  • 【5】「ここベタすぎない?」とデートスポットの今さら感にあきれる

    「『今日の行き先はちょっと工夫が足りないね』って、まるで試されてるみたい」(10代男性)というように、デートのアレンジに不満を述べて、過去の恋愛経験を感じさせてしまったケースです。本音がどうあれ、「ここ、最近話題だよね」などと言うくらいに留めましょう。

  • 【6】「お箸の使い方知ってる?」と食事マナーの悪さを指摘する

    「『キレイに食べられる男の人はいくらでもいるよ』って、誰と比べてるんでしょうか(泣)」(20代男性)というように、マナーの悪さを指摘するとしても、言い方には気を付けたほうがいいかもしれません。どうしても目に余る場合のみ、やんわり改善を促しましょう。

  • 【7】「慣れないことはしなくていいから!」とせっかくのエスコートを揶揄する

    「『そういうの、あなたには似合わないし!』ってひどい言い草だと思った」(20代男性)というように、女性の扱いに不慣れなことをくさして傷つけるパターンです。そのつもりがなくても別の男性の影を感じさせてしまうので、「評価」を思わせるコメントは控えましょう。

  • 【8】「何か、間が持たないね」と口下手ぶりをけなす

    「『テンポが合わないよね』とまで言われてしまったら、どうすることもできない」(10代男性)というように、会話がかみ合わないことをことさらに言うのも気まずい空気を招きそうです。トークが盛り上がらないときは、静かにその場をやり過ごすのが優しさなのではないでしょうか。

  • 【9】「割り勘って久しぶり」と奢ってもらって当然のような顔をする

    「経済面で誰かと比べられると負けた気分になる」(20代男性)など、地位や収入を暗にけなすようなセリフは、男性を萎縮させてしまうようです。たとえ奢ってもらえなくても、その日の誘いにお礼を言うのがスマートでしょう。

決してプライドが高くなくとも、ほかの男性と比較されて傷つかない男性はいないようです。相手を嫌いではないのなら、「こんなデートも新鮮だね!」などと持ち上げて、自尊心を満たしてあげましょう。(佐々木正孝)
Photo:All images by iStock