「肉食男子」が「自称」か「本物」かを見極める誘導尋問9パターン


「俺は肉食」と豪語していても、実はそう装っているだけで、本当は「草食」な男子も混じっているもの。対処を誤らないためにも、相手がどちらなのかは早めに見抜きたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「『肉食男子』が『自称』か『本物』かを見極める誘導尋問」をご紹介します。

  • 【1】「私のこと好き?」と不意に聞かれて赤くなったら「自称」、間髪入れず「好き」と答えたら「本物」

    「肉食は言葉が軽いので(笑)」(10代女性)というように、愛の言葉を簡単に囁く男性は、肉食率が高そうです。「自称」君には、「ごめんね、いきなりこんなこと聞いちゃって」とフォローしておきましょう。

  • 【2】「いつもそうやって口説いてるんでしょ」と突っ込まれて口ごもったら「自称」、「お前だけ」とかわしたら「本物」

    「遊んでる奴はいけしゃあしゃあとぬかすんですよね」(20代女性)など、心にもないことを臆面もなく言える男性は「肉食」と考えて良さそうです。グイグイ迫ってきそうになったら、「またまたー」と肩をどついて変なムードを吹き飛ばしましょう。

  • 【3】「今まで何人の女の子と付き合った?」と問われて目が泳いだら「自称」、指折り数え始めたら「本物」

    「『1、2、』とカウントを始めたので『肉食』を確信」(20代女性)というように、元カノの顔を次々と思い浮かべる男性は間違いなく肉食なようです。赤裸々に女性遍歴を語られるのがイヤなら、やめたほうが良いかもしれません。

  • 【4】「LINEの友達リスト見せてよ」と要求されてしぶしぶ見せれば「自称」、理由をつけて逃れたら「本物」

    「なんだかんだ言っても見せてくれる人は誠実」(10代女性)など、リアルな交友関係を知られることへの抵抗感を試す方法です。ただし「君のも見せて」と言われることは覚悟したほうがいいでしょう。

  • 【5】「暑ーい!」と開けた胸元をちらっと横目で見たら「自称」、がっついて覗き込んだら「本物」

    「ボタンを外す手元をガン見って(笑)」(20代女性)というように、女性の体への興味をあからさまに示すかどうかでも、判定は可能でしょう。誘っていると誤解されかねないので、「自称」の確率が高そうな場合のみにしておいたほうが良さそうです。

  • 【6】「私、本当はドSなんだよね」と言われて怯んだら「自称」、瞳が輝いたら「本物」

    「目を光らせて『ホント?』ってにじり寄って来た」(20代女性)など、性に貪欲な男性であれば、特殊なプレイができる機会を狙っている可能性は高そうです。下ネタをかわせる自信があるなら試してみたいところです。

  • 【7】「今日、泊まってもいい?」と聞かれたときうろたえたら「自称」、狂喜したら「本物」

    「『え、まじで?』とオドオドし始めたから笑ってしまった」(20代女性)というように、こちらが積極的な姿勢に出た途端に動揺するのは、「草食」の証拠かもしれません。相手が「肉食」だった場合は即座に「冗談だよ」と打ち消す必要があるでしょう。

  • 【8】「このあとどうする?」と問いかけられて言葉に詰まったら「自称」、口が「ホテル」の「ホ」の形になったら「本物」

    「肉食男子は隙あらばと思っているはず」(20代女性)など、これからの予定を尋ねて反応を見る手もあります。「ホ」のときはすぐに逃げられるように、心の準備をしておきましょう。

  • 【9】「腕組んでいい?」と腕をからませたとき、思わず身を引いたら「自称」、わざと手が胸に当たるようにしたら「本物」

    「ビクッと腕を引っ込めたから、ボディタッチにすら不慣れと判断」(20代女性)というように、女慣れしているかどうかはとっさのリアクションにも表れるようです。間違っても自分から胸を押し付けたりしないようにしましょう。

誘導尋問が原因で誘いを断り切れなくなるおそれもあるので、「自称」か「本物」かが判明したあとの対処も考えておきましょう。(倉田さとみ)
Photo:All images by iStock