初対面で「部屋が汚そう」と感じる女性の特徴9パターン


「女の子の部屋はきれいであってほしい!」と願う男性は多いもの。その願望を叶えてあげる必要はないとしても、合コンなどで「この子の部屋は汚そう」と勝手なレッテルを貼られたら、出会いのチャンスが台無しになってしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「初対面で『部屋が汚そう』と感じる女性の特徴」をご紹介します。

  • 【1】合コンなのに、すっぴんボサボサ姿で登場する

    「時間にルーズなのか美意識が低いのか。とにかく几帳面な印象は皆無だった(笑)」(20代男性)というように、だらしない格好で現れて、白い目で見られてしまうケースです。伊達メガネで素顔をカモフラージュするなど、時間がなくても工夫したいところです。

  • 【2】やたらと手荷物が多く、しかも鞄から何かがはみ出している

    「バッグがああなら、部屋は何倍もひどいのでは…とゾッとした」(20代男性)というように、雑多な大荷物は、「物であふれ返った部屋」を想像させてしまうようです。合コン当日は、部屋はともかく持ち物だけでも整理して、身軽に出掛けましょう。

  • 【3】スマホをバッグに投げ入れるなど、物の扱いが雑である

    「上着でもなんでもベッドに放り投げて、平気な顔で過ごしてそうだなあと」(10代男性)というように、たとえ自分の持ち物でも、男性の前では丁寧に扱ったほうがよさそうです。スマホをハンカチなどでサッと拭いてからしまうと、「きれい好き」に見えるでしょう。

  • 【4】食事中にクチャクチャと音を立てたり、大口を開けて笑う

    「明るくていい子だったけど、おおらかを通り越してガサツに思えてきて…」(10代男性)というように、食べ方が汚いと、実る恋も実らなくなってしまうかもしれません。改めて食事のマナーをおさらいして、悪い癖がついていないか点検してみましょう。

  • 【5】ネイルが剥がれ、爪の先がところどころ汚れている

    「きれいな状態を保つのも大変なんだろうけど、大雑把な性格なのは察しがついた」(20代男性)というように、指先などの細かい点も意外に見られているようです。ネイルを直す時間がないなら、いっそナチュラルな状態に戻してしまったほうが、清潔感は出そうです。

  • 【6】髪の毛が傷んでいるのに、それを隠そうとすらしていない

    「丁寧な生活を心掛けてるようには見えなかった」(20代男性)というように、その日の髪の状態によっても、雑な暮らしぶりを勘ぐられてしまいそうです。シニヨンの中に傷んだ毛先を隠してしまえば、とりあえず男性の目をごまかせるのではないでしょうか。

  • 【7】ブラウスの袖口がうっすら黒ずんでいる

    「何日続けて着てるんだよ!とギョッとしてしまった」(20代男性)というように、たまたま汚れた服を着て行ったために、不潔な印象を持たれてしまうケースです。シミが目立つ色や年季の入った服は、合コンでは避けたほうが安全かもしれません。

  • 【8】テーブルが食べこぼしなどで汚れていても、まるで気にしない

    「汚れた皿とか生ゴミが放置されてる部屋が、ありありと目に浮かんだ」(20代男性)というように、目の前の散らかり具合に無頓着だと、「汚部屋疑惑」を持たれるおそれもあります。神経質すぎても敬遠されそうですが、使い終わったグラスをまとめるくらいはしてもいいでしょう。

  • 【9】財布がレシートやポイントカードでパンパンに膨らんでいる

    「あの財布を見たら、なんでも溜め込むタイプなのは一目瞭然」(20代男性)というように、持つ人の個性が表れる「財布」も、注目が集まるポイントかもしれません。「金にもルーズかも…」などと思われても心外なので、出掛ける前にスッキリと整理しておきましょう。

身だしなみはもちろん、持ち物やマナーも重要なようです。「きれい好き」に見られて損はないので、抜かりなく準備しましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock