初対面で「苦手だ…」と感じた男性との会話を乗り切る方法9パターン


初対面の男性と話をするのは、誰でも少しは気後れしてしまうもの。ましてや相手の第一印象がよくなかったら、あいさつや自己紹介くらいはこなせても、「このあとどうしよう…」と途方に暮れてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「初対面で『苦手だ…』と感じた男性との会話を乗り切る方法」をご紹介します。

  • 【1】ここまでの交通手段など、当たり障りのない話題で時間を稼ぐ

    「ひたすらどうでもいい話をして間を持たせた」(20代女性)というように、ありきたりな話題に終始して、辛抱強くやり過ごす方法です。ただし、月並みな会話を続けるのにも限度があるので、長期戦になりそうなら早めに別の策を練ったほうがいいでしょう。

  • 【2】いろいろなテーマを持ち掛けて、なんとか会話の糸口を探る

    「昔同じ沿線に住んでいたと分かって、そこそこ話が弾みました」(20代女性)というように、一見、仲良くなれそうもないタイプだからといって「自分とは接点がなさそう…」と心を閉ざすのは早計かもしれません。とはいえ、相手にあまり気に入られたくないなら、無理して歩み寄ることもないでしょう。

  • 【3】適度に質問を挟んで相手にしゃべらせ、自分は聞き役に回る

    「笑顔はキープしつつ、ときどき質問したり感心したり…」(20代女性)というように、相手が饒舌なタイプなら、こちらは聞き役に徹するとバランスが取れそうです。話が終わりそうになったら、「さっきの話ですけど…」などと蒸し返して長引かせましょう。

  • 【4】相手の反応などお構いなしに、自分の話したいことをしゃべりまくる

    「気を使うのが面倒になってきて、もういいや!とわざと暴走した」(10代女性)というように、相手にどう思われてもいいなら、自分のペースで好き勝手に会話を進めるのもアリでしょう。口下手な男性には、かえって喜ばれるかもしれません。

  • 【5】話好きの友人を引っ張ってきて、二人きりでの会話を避ける

    「1対1がしんどくなって、同僚に助けを求めた」(20代女性)というように、第三者に間に入ってもらって負担を軽くする方法です。「さっきの面白い話、この子にも聞かせてあげて!」などと男性を持ち上げながら引き入れれば、気を悪くされる心配もないでしょう。

  • 【6】あまり会話を弾ませないよう、こちらからの返答は短めにする

    「愛想よくしすぎて気があると勘違いされたのか、『今度ふたりで食事でも…』と誘われてしまった」(20代女性)というように、こちらの心情を悟られまいとうまく対処しすぎるのも、善し悪しのようです。にこやかにしてさえいれば、最低限の受け答えだけで十分かもしれません。

  • 【7】「ほんとですか?すごーい」などのおざなりな相づちでお茶を濁す

    「テキトーな相づちを繰り返してやり過ごした(笑)」(10代女性)というように、「心ここにあらず」のリアクションで乗り切ってしまう方法です。とはいえ、あまりにうわの空だとさすがにムッとされそうなので、相手の話にも一応耳を傾けましょう。

  • 【8】会話がストップしても話題を提供せず、沈黙が流れるままにする

    「向こうも相性の悪さを感じてたっぽいし、別にがんばらなくてもいいかなと…」(20代女性)というように、これ以上努力しても無駄だと思ったら、成り行きに任せてもよさそうです。飲み物を口にしたり周りを観察するフリをして、気まずさに耐えましょう。

  • 【9】わざとネガティブな受け答えをして、相手に会話を切り上げさせる

    「自慢話ばかりでウンザリしたので、遠ざかってもらえるよう仕向けた」(20代女性)というように、いっそ相手に嫌われてしまえば、会話する必要もなくなるでしょう。「感じが悪い」と思われたくないなら、「あ、着信…」とスマホ片手に退散してしまうのも手です。

相手が苦手なタイプでも、ある程度なら会話を続けられそうです。なるべく失礼のない形で乗り切りましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock