計算高い「ぶりっこ系女子」が男性にモテる理由9パターン


ぶりっこな女性に心を奪われる男性をはたで見ていると、「あれは計算なのに…」とウンザリした気持ちになってしまうもの。とはいえ、「好きな人にかわいく見られたい」という気持ちが少しでもあるなら、ぶりっこにときめく男性心理を知っておいて損はないかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「計算高い『ぶりっこ系女子』が男性にモテる理由」をご紹介します。

  • 【1】上目遣いをされると、単純にかわいく見えるから

    「好みの問題だけど、自分にはどストライクの角度(笑)」(10代男性)というように、ぶりっこな仕草の定番である「上目遣い」には、抗えない魅力があるようです。相手にキョトンとされないよう、かわいく見える角度を研究してから実践しましょう。

  • 【2】小動物のように頼りなく思えて、守ってあげたくなるから

    「泣きそうな顔をされたら、放っておけない」(20代男性)というように、ぶりっこな女性は、男性の「保護本能」をくすぐるのがうまいのかもしれません。大柄な女性でも、不安げな表情でしょんぼりして見せれば、か弱さをアピールできるでしょう。

  • 【3】自分をかわいく見せようと努力している姿がいじらしいから

    「私なんて…といじけてる子より、ずっと好感が持てる」(20代男性)というように、ぶりっこな振る舞いの根底にある「オトメ心」に気づいてくれている男性もいます。「ぶりっこなんてムリ」と思っても、女子力アップに励む姿勢だけは見習いたいものです。

  • 【4】計算だとわかっていても、本能的に「男のツボ」を刺激されてしまうから

    「ボディタッチとかされたら、計算でもOKと思ってしまう」(10代男性)というように、ぶりっこな「攻め」には、男性の平常心を失わせる力があるようです。ぶりっこを毛嫌いせずうまく活用すると、気になる相手との関係が進展するかもしれません。

  • 【5】褒めたり感心したりして、気持ちよく持ち上げてくれるから

    「お世辞でも『すごーい!』って驚かれると、元気が出る」(20代男性)というように、ぶりっこな女性がよく口にする大げさな賞賛が、男性には心地よく響く場合があるようです。男性を褒めるときは、オーバーに表現すると言葉の効力が倍増しそうです。

  • 【6】「計算高いぶりっこ」ができるのは、頭がいい証拠だと思うから

    「ぶりっこって下に見られがちだけど、コミュ力はかなり高い気がする」(20代男性)というように、ぶりっこな女性の「抜け目のなさ」を好意的にとらえているケースです。かわいさに加えて知性もにじませると、男性の目を引きやすくなるかもしれません。

  • 【7】実は周囲に気配りができる「しっかり者」なような気がするから

    「よく見ると女性にも笑顔で接してて、冷静に場の空気を読んでるなと感心した」(20代男性)というように、全方位に愛想をふりまけば、「嫌みのないぶりっこ」になれそうです。実はモテ狙いでも、男性にも女性にも親切にして悪いことは何もないでしょう。

  • 【8】ぶりっこの仮面の奥の「素のキャラクター」を知りたくなるから

    「本当はどんな女性なんだろうと興味が湧く」(20代男性)というように、ぶりっこが「作り」だとわかっている男性は、本来の姿を探りたくなるようです。「実は格闘技が好きで…」などと素の自分をチラ見せすると、「もっと話したい」と思ってもらえるかもしれません。

  • 【9】ぶりっこな振る舞いをするのは、自分への好意の表れだと感じるから

    「どうでもいい相手に媚を売ったりはしないはず!」(20代男性)というように、計算高さが垣間見えても、「好きな人に好印象を残したい」という気持ちはきちんと伝わるようです。意中の男性がいるなら、「ぶりっこなテク」で想いをほのめかすのは悪くない方法なのではないでしょうか。

ぶりっこについての男性の理解は、意外と深いようです。取り入れられることは取り入れて、好感度アップにつなげましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock