今送らずいつ送る?意中の彼にLINEを送るタイミング9パターン


気になる男性とせっかくLINEのIDを交換しても、連絡しなければ関係は進展しません。とはいえ、緊張してしまって、自分のほうからはアクションを起こしづらいという人も少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「今送らずいつ送る?意中の彼にLINEを送るタイミング」をご紹介します。

  • 【1】IDを交換したあと、間髪入れずに「よろしくね!」

    「最初のチャンスを逃しちゃダメだと思います」(20代女性)というように、IDの交換後に確認の意味を込めて送るパターンです。時間が空いてしまうと連絡する理由が必要になってしまうので、即座に送るのがポイントと言えるでしょう。

  • 【2】解散して相手が見えなくなったとき「バイバーイ!」

    「ちょうどスマホを取り出すくらいのタイミングかなと思って」(10代女性)というように、別れたあとの余韻が残っているところで一報を入れてみるのもよいかもしれません。あまり深く考えず、「バイバイ!」「またねー!」などと陽気なメッセージを送ってみてはいかがでしょうか。

  • 【3】帰りの電車の中で「無事、電車乗れました。ではまた今度!」

    「終電ギリギリだったときなら自然なやりとりだと思います」(20代女性)というように、帰りの車内で一息つく頃合いで手短に状況を知らせる手もあります。帰り際にバタバタしてしまい、ちゃんと別れの挨拶ができなかったときなどに送ると自然かもしれません。

  • 【4】そろそろ家に着いたかなというタイミングで「帰宅しましたー」

    「相手も帰宅していたら、ゆっくりLINEできるかもしれないので」(20代女性)というように、自宅に着いたという報告をするのもよさそうです。「帰宅しました」だけでは味気ないので、おもしろい「ただいまスタンプ」を添えてみてはいかがでしょうか。

  • 【5】夜寝る前、感謝の気持ちを込めて「今日はありがとう!おやすみなさい」

    「ちょっと好意を抱いていることも、それとなく伝わると思います」(20代女性)というように、就寝前に気持ちを込めたメッセージを届けるのもいいでしょう。モジモジしすぎて送信が遅い時間にならないよう、せめて日付が変わる前に行動を起こしたいものです。

  • 【6】ガツガツ見られないためにあえて翌日の午前中に「昨日は楽しかったです」

    「忘れたころに送るのがポイントかなと思います」(20代女性)というように、わざと翌日まで送信を延ばす人もいます。気持ちの余裕を見せたい場合は、慌てずに事を進めたほうがいいでしょう。

  • 【7】通勤時間帯に「お仕事頑張ってください!」

    「私も応援されたらうれしいので」(20代女性)というように、相手が通勤している頃合いを狙って、メッセージを送るのもよさそうです。電車に乗っているときに届けば、気軽に返事をもらえるかもしれません。

  • 【8】写真が手元にあるとき「そういえば写真を撮っていたので送ります」

    「一枚でも写真を撮っておけば、それだけで口実になります」(10代女性)というように、写真のシェアを理由にすれば、ごくごく自然にLINEのやりとりを始められるようです。飲み会や合コンなど、皆で写真を撮れそうな集まりでは、カメラ担当を買って出るといいでしょう。

  • 【9】特に意味のないタイミングで「なんとなく思い出したので送ってみました」

    「とりたてて送る用事もないので、気が向いて送ったと言えばいいかと」(20代女性)というように、ネタがないなら「あなたのことを考えていた」と伝えてもよさそうです。異性に「思い出した」と言われて悪い気はしないはずなので、エイッ!と送ってしまいましょう。

いろいろなLINEのID交換のタイミングが出てきましたが、時間が経てば経つほど、送るハードルが高くなってしまうので、出会いの余韻が残っているうちに連絡を入れてみてはいかがでしょうか。(外山武史)
Photo:All images by iStock