「ガキな女子」と「大人の女」との大きな違い9パターン


「ガキっぽい女」と「大人っぽい女」であれば、後者を好む男性は少なくないもの。意中の人に「ガキだな」と思われて損をしたくなければ、その境界線を確認しておいたほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『ガキな女子』と『大人の女』との大きな違い」をご紹介します。

  • 【1】自分の話をするだけなのが「ガキな女子」、人の話を聞くのが「大人の女」

    「ある程度の年齢になったら、マシンガントークよりも静かに話を聞いてくれる人を求めますね」(20代男性)というように、「聞き上手であること」は年相応の落ち着きを思わせて好評なようです。何か意見を求められても、さりげないアドバイスにとどめるのが吉でしょう。

  • 【2】タイプの男子とだけ話すのが「ガキな女子」、分け隔てなく男性と接するのが「大人の女」

    「誰とでも普通に盛り上がれるところがすごい」(10代男性)など、どんな相手に対しても好感度の高い対応ができる女性はリスペクトされるようです。本音が態度に出ていないか、一度チェックしてみたいところです。

  • 【3】かわいい系ファッションを着るのが「ガキな女子」、キレイ系でまとめるのが「大人の女」

    「男に媚びるのではなく、シンプルでセンスがいいファッションのほうに色気を感じます」(20代男性)というように、落ち着いた装いの中に女性の美しさを見出す人もいます。肌を露出させるよりも、襟足や鎖骨などのチラリズムを意識すると良いかもしれません。

  • 【4】喧嘩で感情的になるのが「ガキな女子」、冷静に話し合えるのが「大人の女」

    「声を抑えて『そういうのダメだよ』とか諭されると素直に聞けますね(笑)」(20代男性)など、モメた場面での対応ひとつで男性の評価も変わるようです。声を荒らげそうになったときは、一呼吸置いて感情を鎮めたいものです。

  • 【5】彼氏をネタに笑いを取るのが「ガキな女子」、彼氏を友達の前で立てるのが「大人の女」

    「男って単純なので、人前で持ち上げられるとやっぱり気分がいいです」(20代男性)というように、第三者の前で彼氏を上手に立ててあげられる女性は総じて歓迎されるようです。わざとらしくならない程度のさじ加減が求められるでしょう。

  • 【6】料理が遅いと店員を罵るのが「ガキな女子」、やんわりと要求するのが「大人の女」

    「笑顔でさらっと不満を言えるってかっこいいですよね」(20代男性)など、感情的にならずにクレームを言える女性も大人の余裕を感じさせるようです。身近な先輩女性の技を盗むなどして経験を積みたいところです。

  • 【7】下ネタに本気で不機嫌になるのが「ガキな女子」、笑いながらチクリと返すのが「大人の女」

    「『まだ3時だよ!』と笑いながら注意してくれて、ハッとしました」(20代男性)というように、場のムードを壊さずに下品な話題をかわす女性も一目置かれるようです。とはいえ、あまりにひどい内容のときは、きっちりと釘をさしておく必要があるでしょう。

  • 【8】男性のチョイスをけなすのが「ガキな女子」、代替案を提案するのが「大人の女」

    「『ファミレスなんか嫌!』とゴネるんじゃなくて『駅前のカフェに行ってみよう』と誘ってくれる…みたいな。要は言い方の問題です」(20代男性)など、男性の気分を損ねずに自分の意向を伝えられるのも大人の女ならではでしょう。嫌味や皮肉のニュアンスはなるべく控えるのが大前提になりそうです。

  • 【9】割り勘に不満を言うのが「ガキな女子」、会計前にさりげなく半額を渡すのが「大人の女」

    「支払いのときってその人の本性が現れると思う」(20代男性)というように、男性のメンツを保ちながらも負担をかけない心づかいは、スマートな大人の女を思わせるようです。お金を入れるポチ袋を用意しておくと、さらにポイントが高いでしょう。

「ガキな女子」のふるまいに心当たりがあれば、今からでも遅くないので言動を改めましょう。(倉田さとみ
Photo:All images by iStock