男性に「結婚したい」という意思をそれとなく伝える一言9パターン


「今の彼と結婚したいけど、私からプロポーズするのはちょっと…」と思っている人は多いはず。彼氏に結婚を意識してもらう方法があれば知りたいものです。そこで、『オトメスゴレン』女性読者に聞いた「男性に『結婚したい』という意思をそれとなく伝える一言」を紹介します。

  • 【1】「早く子ども欲しいな」と、子どもを見ながら話す。

    「彼に言ったら、『考えようか』って言ってくれた」(20代女性)という体験談があるように、子どもの話をすると男性は結婚を意識するようです。ただし、しつこく話すと男性が負担に感じてしまうので、「欲しいな」と言うくらいがいいでしょう。

  • 【2】「ずっと一緒にいたい」と、自分の気持ちをストレートに伝える。

    一緒にいたいと伝えることが、男性に結婚を意識させるきっかけになりそうです。「彼は照れながら『一緒にいよう』って答えてくれた」(10代女性)という体験談から、男性の気持ちを探る一言ともいえそうです。

  • 【3】結婚式場のパンフレットを見せながら、「ウェディングドレス着たいな」と言う。

    「結婚関連のアイテムを見せてプレッシャーをかける」(30代女性)というように、あえて男性にプレッシャーをかけて結婚を考えさせる一言といえます。男性の反応が薄いときは、見せ続けるとウザがられてしまうので注意しましょう。

  • 【4】「最近、周りが結婚ラッシュでさぁ」と、友人の結婚話をする。

    「周りの状況を知れば、結婚を意識するはず」(20代女性)と、友人の結婚話をして、男性に自分たちの結婚を意識してもらおうとしている女性もいます。「幸せそうで、もらい泣きしちゃった」など、友人の結婚式の感想を話すのもいいでしょう。

  • 【5】「今、料理勉強中なんだ」と、花嫁修業をしていることを話す。

    「家事の話は、結婚したいアピールになる」(20代女性)という意見があるように、花嫁修業の話は、結婚を考えていることを男性に感じさせるものといえます。手作り料理で、「いい妻になるよ」とアピールするのもいいでしょう。

  • 【6】「こんなおうちに住みたいね」と、かわいい一軒家を見て言う。

    「理想の家について話したら、彼が『一緒に暮らす?』と言ってくれた」(20代女性)というように、理想のおうちの話をすると、男性も2人の生活を具体的に考え始めるようです。散歩中などに何気なく使える一言といえます。

  • 【7】「おかえりなさい、あなた…なんちゃって」と、男性が家に来たときにふざける。

    「夫婦みたいなおふざけで、結婚を想像させる」(20代女性)という意見があるように、夫婦のような振る舞いが、男性に結婚を意識させるきっかけになるといえそうです。まずは男性のことを「あなた」と呼んでみましょう。

  • 【8】「時間を気にしないで会えたらいいのに」と、デートの帰り際に言う。

    「2人での生活を考えてくれるはず」(20代女性)というように、会えない時間を寂しがる一言は、ずっと一緒にいられる結婚生活を考えさせるものだといえます。鈍感な男性には、「一緒に暮らせたらいいのに」とストレートに伝えてもいいでしょう。

  • 【9】「おばあちゃんになっても手を繋いでたい」と、将来の話をする。

    「未来を想像すれば、自然と結婚の話になる」(20代女性)と、将来の話をして、男性の結婚意識を高めようとしている女性もいます。「いつ結婚したい?」などの具体的な話は、ある程度将来の話で盛り上がってからしてみましょう。

「男性に『結婚したい』という意思をそれとなく伝える一言」には、ほかにどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(有竹亮介/verb)
Photo:All images by iStock