地味に傷つく…彼氏を萎縮させている「デート中の相づち」9パターン


いくら彼氏を愛していても、会話に集中できなかったり、受け答えが面倒になることはあるもの。とはいえ、雑なリアクションを返してしまうと、こちらの想像以上に彼氏にダメージを与えてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「地味に傷つく…彼氏を萎縮させている『デート中の相づち』」をご紹介します。

  • 【1】退屈していることがありありと伝わってくる「ふーん」

    「これが倦怠期か…と憂鬱な気分になった」(20代男性)というように、心ここにあらずの様子で彼氏の話を受け流すと、「愛が薄れた」と早合点されてしまいそうです。「仕事のことを考えてた」などとうまく取り繕って、早急に誤解を解きたいところです。

  • 【2】冷淡なリアクションに心が折れそうになる「だから?」

    「まずいこと言ったかな?とビクビクしてしまった」(10代男性)というように、無愛想に話の先を促して、図らずも相手を威圧してしまうケースです。今日はなんだかイライラするな…と感じたら、彼氏に八つ当たりしてしまわないよう気を引き締めましょう。

  • 【3】適当すぎてテンションがガタ落ちしてしまう「あー、わかるー」

    「おざなりな言い方だったから、かえって嘘っぽく聞こえた」(20代男性)というように、とりあえず賛同しておけばいいわけでもないようです。とはいえ、同じセリフでも、きちんと目を見て言ってあげれば、意気投合したような雰囲気になって、悪い気にはさせないかもしれません。

  • 【4】気づいても口には出さないでほしい「その話、前にも聞いた」

    「そんなにズバッと切り捨てなくても…とガックリきた」(10代男性)というように、繰り返し同じ話を聞かされても、正面切って指摘するのは控えたほうがよさそうです。うっかり口走ってしまったら、「でも何度聞いても笑えるね!」などと好意的な意見を加えてごまかすのが得策でしょう。

  • 【5】仕方なく耳を傾けていることがバレバレの「はいはいはいはい」

    「なんかバカにされてる気がする」(20代男性)というように、「はい」を重ねる相づちは、相手を不快な気分にさせてしまうようです。癖で言ってしまっている人は、彼氏の堪忍袋の緒が切れる前に、意識して直したほうがいいでしょう。

  • 【6】トークスキルのなさに自信喪失してしまう「えっ、それだけ?」

    「渾身のネタだったのに…。このまま無口な男になりそう(泣)」(10代男性)というように、あからさまに「話がつまらない」と思っていることを示して、彼氏を傷つけてしまうケースです。自分の感想はさておいて相手が望む反応をしてみせるのも、愛情のうちかもしれません。

  • 【7】一言くらい感想を挟めよ!と突っ込みたくなる「そんなことより…」

    「話題を変えるにしても、やり方があると思う」(20代男性)というように、彼氏の話をスルーして自分の話を始めるのは、失礼に値しそうです。些細なすれ違いの積み重ねが別れにつながる危険もあるので、「親しき仲にも礼儀あり」と肝に銘じましょう。

  • 【8】もういいです…と完全に気持ちが萎える「なにそれ、意味わかんない」

    「吐き捨てるように言われて、会話する気が失せた」(20代男性)というように、相手の言うことが理解不能だからといって一刀両断にすると、向こうからも拒絶されてしまいそうです。キョトンとした顔で説明を求めたほうが、愛嬌があって好印象でしょう。

  • 【9】壁に向かって話したほうがマシ!とカチンとくる「終わった?」

    「スマホ見ながら聞いてる時点でイラッとしたけど、この一言で完全にキレた」(20代男性)というように、あまりに心ない対応をすると、ケンカに発展するおそれがあります。デートを台無しにしたくなければ、彼氏とのおしゃべりにしっかり注意を向けましょう。

男心は意外と繊細なようです。うっかり失言して後悔しないよう、緊張感と愛情を持って接しましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock