気になる男性と自然な流れでLINE交換する方法9パターン


気になる男性ができたら、すぐにでも連絡先を交換したいもの。とはいえ、切り出し方が不自然だと変に警戒されてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「気になる男性と自然な流れでLINE交換する方法」をご紹介します。

  • 【1】「気軽にやりとりできる友達がほしい」とストレートにお願いする

    「妙に回りくどいよりはストレートに聞いてくれたほうが『あっ、いいよ』という感じになる」(20代男性)など、あれこれ言い訳せずに直球で切り出すのは、やはりシンプルで伝わりやすいようです。IDを交換したらすぐに自分から連絡して、やりとりが続きそうな話題を投下しましょう。

  • 【2】「無料通話って便利だよね」とお得さをアピールする

    「通話機能はあんまり使わないけど、とくに断る理由もないので教えた」(10代男性)というように、お得さを前面に押し出すことで、好意を隠すパターンです。実際に通話するつもりがなくても、IDを聞く立派な理由にはなるでしょう。

  • 【3】「耳寄り情報があったら教えるね」と共通の趣味でつながろうとする

    「好きなバンドが同じだったので、ライブチケットとかの情報がほしかった」(20代男性)など、相手にメリットさえあれば「情報共有」を理由にするのも有効かもしれません。いっしょにライブに行くなど、もう一度会う約束も自然に取り付けられそうです。

  • 【4】「あらためて相談したいことがある」と健気に頼る

    「何にせよ、人から頼られるのは悪い気がしない」(20代男性)など、何かを相談するために連絡先を尋ねると、「力になってあげたい」という男性の気持ちを刺激できるかもしれません。もっとも、相談内容がくだらなすぎてもディープすぎても引かれてしまうので、内容を吟味する必要はあるでしょう。

  • 【5】「うちの猫の写真を送ってあげる!」と動物好きを押し出す

    「もともと猫は好きだし、笑顔で嬉しそうに言われたら断れない」(10代男性)など、動物を引き合いに出してID交換を迫るのは、ほのぼのとしていて好印象のようです。仲良くなったら「こんど見に来る?」と言葉巧みに誘ってどんどん距離を詰めてしまいましょう。

  • 【6】「LINEを始めたばかりなので、とにかく相手がほしい」と下心を隠す

    「友達登録の方法すらよくわからないようだったので、いろいろと教えたい気分になった」(20代男性)など、LINE初心者であることを訴えて、同情を呼ぶ作戦です。様々な機能についてアドバイスをもらううちに、交流も深まるでしょう。

  • 【7】「連絡網を作って飲もう」とグループでの付き合いを示唆する

    「グループLINEならいろんな出会いがあるし、楽しそうだと思った」(20代男性)というように、複数での交流を前提に誘えば、気軽に応じてもらえるかもしれません。無事にIDを聞き出したら、率先して楽しいイベントを企画したいところです。

  • 【8】「口下手だから、まずはLINEで仲良くなりたい」と人見知りを強調する

    「おどおどしながらIDを聞いてくるので、ピュアな子なんだなと感じた」(10代男性)というように、口下手を口実にすれば、健気な印象を与えられそうです。LINE上では人が変わったように饒舌に振る舞うと、いわゆるギャップ萌え効果も期待できそうです。

  • 【9】「『ふるふる』使ったことないから試させて」と無邪気にねだる

    「『そう来るか!』って感じで(笑)。いや俺は遠慮しますとは言えないですよね」(20代男性)など、意外性のある切り出し方で、警戒を解くパターンです。「面白い子だな」と思ってもらえれば、「その他大勢の知り合い」から前進することができて一石二鳥でしょう。

LINEのIDの尋ね方ひとつ取ってもセンスが問われるものです。尋ねるタイミングを含め、相手に違和感を与えないようなトークで好印象を与えましょう。(石原たきび)
Photo:All images by iStock