自分の中の隠れたMっ気を刺激されてしまう女性のセリフ9パターン


女性からの居丈高で命令チックな頼みごとには、反発を覚える男性が多いもの。しかし気づかぬうちにM気質を眠らせている男性の場合、抵抗できずに応じてしまう場合もあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「自分の中の隠れたMっ気を刺激されてしまう女性のセリフ」をご紹介します。

  • 【1】かなり高額でも頑張って買ってしまう「誕生日にはこの指輪を贈りなさい」

    「素直に『指輪が欲しい』と言えないところにヤラれました」(20代男性)というように、Mっ気のある男性はツンデレ調なお願い事にはとにかく弱いようです。言葉はきつくても、茶目っ気のある表情を浮かべて真意が伝わるようにしましょう。

  • 【2】すごく手間がかかるのに引き受けてしまう「この課題、やっといて」

    「たぶん苦手科目なんでしょうね。だから、気の毒になってしまって」(10代男性)など、あくまでも上から目線をキープしつつ同情を引くのも効きそうです。なるべくスケジュールに余裕を持たせて、無茶振りにならないように配慮したいところです。

  • 【3】移動手段にされていると知りつつも身体が動く「いいから早く迎えに来なさい」

    「『なんで俺が?』と心では思うのに、その手の中にはすでに車のキーがあるんです!」(20代男性)というように、車の運転を命じられると、つい喜々としてハンドルを握ってしまう男性もいます。運転手代わりに使った御礼は、きちんとしたいものです。

  • 【4】思わずおずおずと手を差し出してしまう「そばにいるんだから手ぐらいつなぎなさい」

    「命令されて手をつなぐことに喜びを覚える自分を発見しました」(10代男性)など、男性に甘えたい気持ちをあえて命じる形で伝えると、意外な萌えを喚起できるようです。「私が転ばないようにちゃんとエスコートしなさいよ!」などと叱責調にしてみるのも良さそうです。

  • 【5】即座に躊躇なくひざまずいてしまう「靴が汚れたからすぐに拭いてちょうだい」

    「『どこの女王様だよ!』と笑いながら、気づいたら本当に屈みこんでいた」(20代男性)というように、相当に無茶な指図にも、思わず応じてしまう男性はいるようです。かなりM度が高くないと許容できるレベルではないので、相手を選ぶ必要があるでしょう。

  • 【6】つい条件反射的に応じてしまう「いいからもう私と付き合っちゃえ」

    「『いいよ』と、即座に受け入れてしまいました」(20代男性)など、本来なら「付き合ってください」と告白するべきところを、有無を言わせずに抱き込むやり方です。相手が抵抗したら、「いやなの?理由は?」と畳みかけて反論を封じましょう。

  • 【7】すぐにハグしてあげないと許されない展開の「寒いから今すぐここで暖めて」

    「ものすごいワガママなんだけど、やっぱりかわいいです」(20代男性)というように、寒さにかこつけて抱きしめてほしい気持ちをぶつける高度なテクも受けが良いようです。とりわけ寒さの厳しい日に試すと効果が望めそうです。

  • 【8】ここまで言われたら一夜を共にせざるを得ない「今日はずっとそばにいてもらうから」

    「こっちが口説く手間も省けるし、僕にはSっぽい女性が合っていると実感しました」(20代男性)など、M気質の男性は女性側から口説かれることを歓迎する傾向があるようです。はにかむような笑顔とセットにすれば、より受け入れてもらいやすくなるかもしれません。

  • 【9】どんな命令にでも従ってしまいそうな「私の言うことが聞けないの?」

    「『何さまだと思ってんだ?』と反発しつつ、結局従ってしまいます」(20代男性)というように、逆らえない男性の性格を見越して、否応なしに服従させてしまうパターンです。とても強硬な言葉なので、少しでも男性が反発したら、態度や言葉を和らげましょう。

相手に対して高圧的な態度に出ることには、リスクも伴います。男性に確実にMっ気があるかどうかを十分に見極めてから試しましょう。(倉田さとみ)
Photo:All images by iStock