気になるカレに既読スルーされてしまったときの対処9パターン


気になる男性に既読スルーされると、焦ったり落ち込んだりしてしまうもの。相手の気持ちを推しはかりつつ、リアクションを返してもらうにはどんな手段が有効なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「気になるカレに既読スルーされてしまったときの対処」をご紹介します。

  • 【1】「物陰から見ているスタンプ」で様子を伺う

    「スタンプでもチラ見されると、気になってメッセージを返したくなる」(10代男性)というように、スタンプの力を借りて反応を誘うパターンです。連打するとウザく思われてしまうので、ピンポイントでねらって効果を上げましょう。

  • 【2】「今日も寒いねー」と何気ないメッセージを送る

    「催促されるとウザいけど、自然な文面だと自然に『ホント寒いよね、返せてなくてごめんね』と書ける」(20代男性)というように、いつも通りに接することで、返信しやすくする方法です。既読スルーの理由を追及したくなっても、まずはさりげない一文を送ってみましょう。

  • 【3】「返信しづらかった?ごめん(汗)」とライトに謝る

    「責めないどころか、むしろ気遣ってくれる姿勢がかわいく思えた」(10代男性)というように、下手に出ることで相手に罪悪感を覚えさせるパターンです。ただし、やりすぎると「重い」と思われかねないので、一度メッセージを送ったら、レスがあるまで待ちに徹しましょう。

  • 【4】「ブサカワなペットの画像」を送ってなごませる

    「大好きなパグの画像を見たら無視はできない」(10代男性)というように、ペットのかわいい画像で関心を引く手もあります。動物好きな相手なら、手持ちの画像を送り返してくれたり、ペットトークに花が咲いたりするので、盛り上がるのではないでしょうか。

  • 【5】「なんで無視したの(顔文字)」とかわいくすねる

    「回りくどく返事を求められるより、軽く言ってもらったほうが謝りやすい」(10代男性)など、ストレートに不満を伝えられるほうが気軽に返信しやすいという意見もあります。とはいえ、文章だけだとぶっきらぼうにも見えるので、顔文字や絵文字でニュアンスを和らげるのが無難でしょう。

  • 【6】「今日の仕事は忙しかった?」と相手の状況をたずねる

    「こっちが返信できてないのに心配してくれるところに感動。気遣ってくれるメッセージにはウザさを感じない」(20代男性)というように、相手を思いやる一言を添えるだけで、好印象を持ってもらえそうです。「ちゃんと寝てる?」などと体調を気遣う一言を添えるのも良いでしょう。

  • 【7】「この前の話だけど」と、既読スルー以前の会話をそのまま続ける

    「忙しくてうっかり既読スルーしてしまっただけなので、これまで通りに返せるのはありがたい」(20代男性)など、ハードワークの男性には、既読スルーをなかったかのようなメッセージを送るのもありかもしれません。再度スルーされるようなら、電話するなど別の手段を考えましょう。

  • 【8】「たまには返せよー」とフランクにあおる

    「既読スルーをいじってくれたほうがいい。気まずさなく返せます」(10代男性)というように、軽いノリでつっこんでほしい男性もいるようです。流れでついついラフな言葉を使ってしまいそうですが、かしこまって「返事くれてありがとう」と丁寧にお礼を述べれば、ほっこりムードに持ち込めるかもしれません。

  • 【9】「土曜日にイベントがあるんだけど」とさらに踏み込む

    「好きなアーティストが出るので、既読スルーを謝りつつ即レスしてしまった」(20代男性)というように、相手が食いつきそうなネタでレスポンスを誘うパターンです。もっとも、連打すると効果は薄まってしまうので、ここぞというときにネタを取っておくのが良いでしょう。

相手が仕事やバイトで忙しいだけの可能性もあるので、返事がないからといって脈がないと思わず、いろんな角度からアプローチしてやり取りを復活させましょう。(佐々木正孝)
Photo:All images by iStock