肉食男子の口説きを華麗にかわす!大人女子ならではの返し9パターン


女性に対して、性的な意味で積極的すぎる「肉食男子」。彼らからの執拗な誘いを、場を凍らせずに上手にあしらうにはどうしたら良いのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「肉食男子の口説きを華麗にかわす!大人女子ならではの返し」をご紹介します。

  • 【1】「眠くなったからどこかで休もう」には、「大変!家に帰ったほうがいいよ」とタクシーをつかまえてあげる

    「心配そうな素振りを見せるのがコツ」(20代女性)というように、あくまでも「あなたのためを思って」というスタンスを崩さずに誘惑をかわす作戦です。「そんなにお金持ってない」などと言われたら、クレジットカードで払えるタクシーを見つけてあげましょう。

  • 【2】「二人でこっそり抜けだそう」には、「みんなと一緒がいいー!」とごねる

    「『二人じゃつまんなーい』と子どもっぽくだだをこねて、下心に気づかないふりをしました」(20代女性)など、幼さを装って、巧みにアタックを回避する高等テクニックです。普段から集団で騒ぐのが好きだとアピールしておくと、説得力も増しそうです。

  • 【3】「今度は泊まりでどこか行こう」には、「ハワイがいい!」とハードルを上げる

    「『…そういう意味じゃなくて…』って固まってました(笑)」(20代女性)というように、提案をわざと大げさに取り違える戦法です。ただし、「いいよ、ハワイに連れてってあげる」などと言い出しかねないお金持ちには通じないやり方なので、注意しましょう。

  • 【4】「何もしないから俺の家に来なよ」には、「何もしないなら何のために?」と詰め寄る

    「いい加減なことを言う奴には理詰めで対抗するのが一番」(20代女性)など、見え透いた嘘をつく男性には、とことん突っ込みを入れるのも一案です。とはいえ、「ほんっとになんっにもしないから!」と平気でうそぶく男性には暖簾に腕押しかもしれません。

  • 【5】「ホテル行こうよ」には、「ホテルにはもう飽きた」と冷たく突き放す

    「『イヤ』じゃなくて『飽きた』と来たので、返す言葉もなかったみたい(笑)」(20代女性)というように、嘘か本当かわからない言動で、男性を煙に巻くのも良いでしょう。「あの子は相当遊んでるらしい」などとありもしない噂を言いふらされないように用心したいものです。

  • 【6】「電車なくなっちゃったし」には、「実は箱入り娘なんだ」とパパをちらつかせて脅す

    「『父が迎えに来るから』と言えば、ほとんどの男の子はビビります」(10代女性)など、厳しい父親の存在を匂わせて、男性を追い払う戦略です。そう言っておいてタクシーで帰ると嘘がバレるので、バレない状況が整ったときのみにしておきましょう。

  • 【7】「夜道は危ないよ」には、「あなたについていくほうが危ないじゃん」と笑い飛ばす

    「『そういうの送り狼って言うんだよね』と先回りして言ってあげるんです」(10代女性)というように、相手に対する警戒心を露骨に表現して、変なムードを一蹴してしまうやり方です。夜道の安全を確保した上で使いたいところです。

  • 【8】「今夜は楽しもうよ」には、「それじゃ朝までとことん飲もう!」と勝負を挑む

    「私がこんなに飲めるとは予想してなかったみたいで。潰しちゃいました(笑)」(20代女性)など、男性の狙いとは別の夜の過ごし方を提案すれば、危険な目に遭わずに済みそうです。お酒に強い自信があれば、試してみましょう。

  • 【9】「カラダの相性を試してみない?」には、「私は実験台じゃないから」と拒絶する

    「生々しくて下品な誘いは、きっぱり断ったほうがいいです」(20代女性)というように、あまりにストレートな誘いには、不快感をはっきりと表すほうが、あとあと面倒がないかもしれません。「そんなふうにしか誘えないの?」といった返しも効き目がありそうです。

男性からのしつこい誘いは、毅然としつつも余裕のある対応で、優雅にかわしたいものです。(倉田さとみ)
Photo:All images by iStock