ホワイトデーにお返しをくれた同僚男性をムッとさせる一言9パターン


ホワイトデーだからといって、職場の男性から「義理チョコのお返し」をもらっても、それほどテンションは上がらないもの。だからといって「お互い義理なんだし…」と適当な応対をしたら、目の前の相手だけでなく、社内での評判まで悪くなってしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「ホワイトデーにお返しをくれた同僚男性をムッとさせる一言」をご紹介します。

  • 【1】「うーん、これか…」とあからさまにガッカリする

    「『期待はずれ』って顔をされて、その態度はどうよ?と思った」(20代男性)というように、渡された品物に落胆したとしても、本音を隠し通すのが礼儀かもしれません。「かわいいラッピングだね」などと褒めどころを探して、笑顔を見せましょう。

  • 【2】「お返しなんて別に要らないのに」と相手の心遣いを無にする

    「けっこう悩んで選んだから、冷めた子だなとカチンときてしまった」(20代男性)というように、もらうときになって「お返しは不要」と突っぱねると、冷淡な印象を与えてしまいそうです。下手に遠慮するよりも、素直に受け取ったほうが喜ばれるでしょう。

  • 【3】「ありがとー」と形ばかりの感謝だけでやりとりを済ませようとする

    「お互い義理なのは分かってるけど、そっけなさすぎて寂しかった(泣)」(10代男性)というように、口先だけで感謝してみせるのもまずそうです。個人的な感情はなくても、一言二言おしゃべりに興じるくらいの気遣いは見せたいところです。

  • 【4】「そのへんに置いといて」とお礼も言わずぞんざいに扱う

    「こっちを見もしなかったから、なんだコイツ…と腹が立った」(20代男性)というように、忙しいからと顔も向けずにやりとりを終えようとするのは、かなり心証が悪そうです。あとからでも「さっきはごめんね」と謝れば、悪い印象を払拭できるかもしれません。

  • 【5】「○○さんのお返しはセンスがよくて…」とほかの同僚と比較する

    「自分でも意外なほど落ち込んだ(苦笑)」(20代男性)というように、表立ってお返しに優劣をつけると、相手を傷つけてしまうおそれがあります。失言に気づいたら、すぐに「でもこういう素朴なお菓子も好き」などと言い添えてフォローしましょう。

  • 【6】「私があげたチョコより安くない?」といやらしく値踏みする

    「『ホワイトデーは倍返しで!』は本気だったのか…と呆れてしまった」(20代男性)というように、もらった物の金額をうんぬんするのも、下品に映りそうです。逆に、高そうな物を渡されても、値段には触れないのがマナーでしょう。

  • 【7】「ほかの子たちと同じお返し?」と自分だけ特別扱いを望む

    「義理チョコのお返しにそこまで求めるなんて、女ってコワイ…とドン引きした」(20代男性)というように、周りの女性よりいい物を欲しがって、ギョッとされるケースです。とはいえ、その男性に気があるなら、かわいく拗ねてみせるのも手かもしれません。

  • 【8】「キャラメル味は苦手なので…」と受け取りを拒否する

    「好みじゃなくても、普通相手の気持ちを汲んで受け取りますよね…」(20代男性)というように、単に「味が嫌いだから」という理由で受け取りを渋ると、常識を疑われてしまいそうです。ひとまずありがたく頂戴して、物をどうするかはあとで考えましょう。

  • 【9】「義理のやりとりって空しいよね」と今さら否定的な見解を述べる

    「そっちがチョコをばらまくからだろ…とウンザリした気持ちになった」(20代男性)というように、一連の慣習に難色を示してみせるのも危険かもしれません。乗り気でなさそうな男性にこそ丁寧に接して、「この子になら来年もお返ししたい」と思わせてしまいましょう。

本命と違って緊張感が薄い分、ついおざなりになってしまいそうです。笑顔を心掛けて、好感度アップにつなげましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock