無意識にしがちなイケメンと非イケメンに対する態度の違い9パターン


女子は、イケメンにやさしく、非イケメンに冷たくなりがちなもの。わざとじゃないとはいえ、そんな「差別」は男性に敏感に察知されてしまうので、気を付けたほうがよさそうです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「無意識にしがちなイケメンと非イケメンに対する態度の違い」をご紹介します。

  • 【1】イケメンには積極的に質問するのに、非イケメンには口数が少なくなる

    「『これってどんな料理?』といちいち聞くのはイケメン店員のときだけ」(20代男性)というように、イケメン相手の場合のみ饒舌になる女性は、周囲の男性を興ざめさせてしまうようです。バツの悪い思いをしたくなければ、イケメンを前にしても冷静さを保つようにしたいものです。

  • 【2】イケメンには笑顔で接するのに、非イケメンには無表情になる

    「『なんで俺には真顔になるの?』と悲しくなりました」(10代男性)など、テンションが表情に出てしまうパターンです。どんな場合も、基本的に笑顔を心がけるようにしておけば、相手によって違いが生じることは防げるかもしれません。

  • 【3】イケメンには高く張りのある声で話すのに、非イケメンには低い面倒くさそうな声で話す

    「1オクターブ違った」(20代男性)というように、どうでもいい相手だとトーンダウンしてしまうケースです。一度、スマホの録音アプリなどで自分の会話を録音してみると、客観的に声のトーンを検証できるのではないでしょうか。

  • 【4】イケメンからの依頼は快く引き受けるのに、非イケメンからの頼みには嫌々応じる

    「俺には塩対応なのに、イケメンには『わかった!』って」(20代男性)など、頼まれごとへの対応に本心が滲み出てしまうこともあるようです。こと仕事に関する場面では、分け隔てなく公平に接する必要がありそうです。

  • 【5】イケメンのボディタッチは許すのに、非イケメンが触るとセクハラと騒ぐ

    「肩をポンポン叩いただけなのに、『やめてよ!』と叫ばれた」(20代男性)というように、何の気なしに触れられたときの反応も、相手次第で変わりがちです。「頭ならいいけど肩はダメ」など、相手がイケメンかどうかにかかわらず、線引きを決めておきましょう。

  • 【6】イケメンが隣に座っていいか聞くとすぐに荷物をどかすのに、非イケメンだと動作が鈍くなる

    「そこしか空いてないから頼んでるのに」(10代男性)など、隣の席に座ろうとしたときの動きの悪さで、本心を見破られてしまう例です。とりたてて不自然な状況でない限り、気持ち良く席を空けるのが大人の対応といえそうです。

  • 【7】イケメンの失敗には寛大なのに、非イケメンの失敗には辛辣な言葉を浴びせかける

    「締め切りを過ぎた提出物。イケメンのは笑って受け取り、俺のには『次から期限守ってよ!』と」(20代男性)というように、相手の落ち度に対する寛容さにも差が出てしまうことがあるようです。同じ失敗なら、同じあしらいを意識したほうが良いかもしれません。

  • 【8】イケメンからのLINEにはすぐに返信するのに、非イケメンだと半日以上は放置する

    「『今から飲むけど来る?』って一緒にいるイケメンとほぼ同時に送ったら、イケメンには速攻で返事が」(20代男性)など、返信のスピードに正直な気持ちが表れてしまうこともあるようです。相手によって対応を変えず、一定のルールを設けてレスポンスしましょう。

  • 【9】イケメンが飲み会に現れると「待ってたよー!」、非イケメンだと「お疲れー」

    「俺なんて、来ても来なくてもいいんだなあと思い知らされた」(20代男性)というように、登場したときのリアクションが如実に異なるケースです。お酒の席の雰囲気を盛り下げないためにも、遅れて参加する仲間には温かい声をかけたいものです。

イケメンと非イケメンとで対応を使い分けていると、今度は自分にも同じことをされてしまうかもしれません。誰にでも丁寧な態度で接しましょう(倉田さとみ)
Photo:All images by iStock