先輩に学べ!「高校の卒業式」で告白すべきではない理由9パターン


「最後のチャンス!」とばかりに卒業式当日に告白を試みる人は少なくありませんが、実は様々な落とし穴があり、あまりお勧めできるものではないようです。その理由を知っておけば、勢いで告白して大失敗…という事態を避けられるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「先輩に学べ!『高校の卒業式』で告白すべきではない理由」をご紹介します。

  • 【1】成功しても遠距離恋愛になる確率が高いから

    「遠距離恋愛だと結局別れることになる」(20代女性)というように、高校卒業のタイミングは進路が分かれることが多いので、思いが通じ合っていても「なかなか会えない」という次の障壁が生じることがあるようです。それでもトライするかどうか、自分の覚悟を確認しましょう。

  • 【2】「記念告白」だと思われてきちんとした返事がもらえないから

    「『ありがとう』と言われて終わってしまった」(10代女性)というように、せっかく告白しても「記念に言っただけ」と思われて、交際に発展しないこともあるようです。告白するなら「付き合いたい」とはっきり自分の目的を伝えましょう。

  • 【3】両想いなら卒業式まで告白されていないはずがないから

    「卒業まで告白されなかったってことは見込み薄だと思う」(20代女性)というように、卒業式までに恋愛関係に発展しなかったことが、好かれていない証拠だと考える人もいます。多角的に状況を分析して、「脈なし」なら考え直したほうがいいかもしれません。

  • 【4】勢いでOKされて捨てられる危険があるから

    「一応付き合ったけどすぐにふられてしまった」(20代女性)というように、こちらも勢いなら相手も勢い…という悲しい一致で、恋が短命に終わることもあるようです。こればかりは確認のしようがないので、その可能性があっても交際したいのか自分に問い直しましょう。

  • 【5】まわりに告白を目撃されると気まずいから

    「いまだに同窓会でイジられます」(20代女性)というように、かなりインパクトのある行為なので、同級生の自分への印象が「卒業式に告白したヤツ」で固定してしまうおそれもあります。告白するにしても、二人きりになれる場所を厳選するよう心がけましょう。

  • 【6】相手が浪人決定だと断られる可能性が高いから

    「『勉強に集中したい』と言われて消化不良だった」(20代女性)というように、浪人生は受験勉強を続ける必要があるため、恋愛モードになれないことを理由に断られてしまう可能性が高いようです。「気持ちを伝えるだけ」というくらいの気持ちで挑んだほうが無難でしょう。

  • 【7】カラダ目的でOKする男子もいるから

    「やりたいだけって男もいるから気を付けて!」(20代女性)というように、特にこの年頃の男子は性的なことに対する関心が強いので、結果的に遊ばれてしまうおそれもあるようです。元々親しかったなら別ですが、「憧れていてほとんど話したこともない」などの場合は要注意かもしれません。

  • 【8】私服姿を見たときダサくて冷めることがあるから

    「学校外で会ってないっていうのはちょっとした賭けだと思う」(20代女性)というように、普段の相手の姿を知らないと、交際してから「こんなはずじゃなかった」と感じることもあるようです。表面的な部分だけを見ていないか、もう一度よく考えましょう。

  • 【9】ふられると卒業式の思い出そのものが辛くなるから

    「高校時代というと必ずふられたことを思い出してしまう」(20代女性)というように、高校最後の思い出が「失恋」になると、すべてが悲しい思い出に彩られてしまうかもしれません。それが嫌なら卒業前に告白して、インパクトを薄める対策をとってはいかがでしょうか。

卒業式に告白することにはさまざまなデメリットがあるようです。それを知ったうえで告白するか、今一度自分の意志を確認してはいかがでしょうか。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock