「彼女はいない」とウソをつく男性の本音9パターン


自分の恋愛事情をオープンにする人もいれば、頑なに語らない人もいます。付き合っている彼女がいるのに、「いないこと」にする男性も…。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「『彼女はいない』とウソをつく男性の本音」をご紹介します。

  • 【1】社内恋愛だから、バレると仕事がやりにくい。

    「小さな部署だからほかの人が気を使いそう」(20代男性)など、周りへの配慮として交際を隠すケースです。多少寂しくはありますが、これはあくまで彼氏の配慮。仕事関係以外の友達の前でノロケるなどして、ストレスを発散してはどうでしょうか。

  • 【2】彼女が友達の元カノだから、お互いに気まずい。

    「とったわけじゃないけど、バレると友情にヒビが入りそうで怖い」(20代男性)など、彼女が友達と付き合っていた過去があると、友達に遠慮してなかなか交際をオープンにはできないようです。しばらく時間がたてば告白できるタイミングもあるでしょう。

  • 【3】元カノの友達が身近にいるから、新しい彼女を知られたくない。

    「『今度はあんな子と付き合ってるんだ』とか、彼女を値踏みされたくない」(20代男性)というように、彼女のことを思って交際を隠すケースです。彼氏の優しさであることを理解して、不満を口にするのは控えましょう。

  • 【4】元サヤに戻ってしまったから、決まりが悪い。

    「『やっぱり元カノがいい!』と思ったけど、大騒ぎして別れたから周りに言いにくい」(20代男性)など、決まりが悪くて交際を言いだせないこともあるようです。交際をオープンにするのは、ふたりの関係が安定してからでも遅くはないでしょう。

  • 【5】受験や資格試験など、ほかに頑張らなくてはいけないことがある。

    「彼女のことは親の手前言いにくい」(20代男性)など、大切な時期に恋愛にうつつを抜かしていると思われたくないため、交際を隠すことがあるようです。受験や資格試験に成功すれば、恋愛がバレても問題はないはず。そのときまで彼氏を支えてあげましょう。

  • 【6】彼女が「不思議ちゃん」だから、知られると自分の評価が下がりそう。

    「彼女のことは好きだけど、彼女がクラスでは浮いてるから…」(10代男性)と、言葉を濁す男性も。自分の評価が下がることを心配して交際を隠すようです。周りの目を気にする男性と付き合い続けるかどうかは、考える必要があるかもしれません。

  • 【7】元カノと別れたばかりだから、二股をかけていたように思われそう。

    「元カノに誤解されるのはイヤ」(20代男性)など、別れた直後に別の女性と付き合いはじめた場合、誤解を恐れて彼女の存在を隠す男性もいるようです。時間がたっても周りに告白してくれないようなら、元カノに未練がある可能性も踏まえて、彼氏と話し合ったほうがいいかもしれません。

  • 【8】自分がいじられキャラだから、バレたら周りにからかわれそう。

    「せっかく彼女ができたのにからかわれたくないよ」(10代男性)というように、自分自身がのび太のようないじられキャラだと、交際をからかわれたくないがために彼女の存在を隠すこともあるようです。「そんなの気にしないで」と勇気づけてあげましょう。

  • 【9】彼女が元カノより美人じゃないから、妥協したと思われそう。

    「今の彼女は性格がいいけど、見た目はあんまり…」(20代男性)というように、彼女の良さが周りに伝わらないことを恐れて交際を隠すケースです。彼自身が「妥協した」と思っていないかどうか、真意を確認する必要はあるかもしれません。

ほかにも「こんな理由で交際を隠された」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock