マンネリに効く!長年付き合っている彼氏も喜ぶ超興奮愛撫9パターン


交際期間が長くなった彼氏とのセックスは、お決まりのパターン化してしまうこともあるのではないでしょうか。そして新しい刺激がない性行為では、相手から「もう飽き飽きだな」と思われてしまうこともあるかもしれません。そこで今回は20代、30代の男性に聞いた「マンネリに効く!長年付き合っている彼氏も喜ぶ超興奮愛撫」を紹介します。

  • 【1】「襲っちゃおうかなー(笑)」と彼の服を荒々しく脱がしていく

    「押し倒すことはあっても押し倒されるような感覚は初めてだったので超興奮した」(20代男性)というように、普段とは立場が逆転した状態でワイルドに服を脱がされると、斬新な刺激を覚えるという男性がいるようです。M気質が強い彼氏であれば、近くにあるタオルなどでベッドと彼の手を結んでプチSMプレイをすれば、さらに興奮させられるかもしれません。

  • 【2】首筋や耳などに濃厚なキスをしながら唇へのキスは焦らす

    「『いつになったら口に来てくれるんだ!』っていうソワソワ感がまたいい(笑)」(20代男性)というように、唇へのキスをしばらくお預けにされることで、興奮と期待感がどんどん高まるという男性も。いざ唇にキスした際、ツバをねっとり絡ませるほどの濃厚ディープキスをすれば、彼の期待感を裏切らないほどの興奮を与えられるかもしれません。

  • 【3】唾たっぷりでチュポチュポ鳴らしながら耳たぶを舐める

    「耳元でいやらしい音が大音量で聞こえて…たまりません!」(20代男性)というように、チュポチュポ音を聞かせることで下半身を刺激されるという男性もいるようです。同時に硬くなった男性器を触り「どうして硬くなってるの?」などといじわるな質問をすれば、彼はさらなるエクスタシーを感じるかもしれません。

  • 【4】「君は『マグロ』でいいよ」と仰向けに寝かせてひたすら攻める

    「前戯で自分が全く動かずにすむなんて夢のよう(笑)」(30代男性)といように、マグロ状態で快感を得られるという状況はある種の理想だという男性も。続けて男性を仰向けにさせたまま騎乗位で挿入し、マグロ状態で射精までさせてあげれば、彼にとって最高にエッチな思い出となるかもしれません。

  • 【5】「コレ(男性器)、私だけのものだよ」と言いながらフェラ

    「そんな独占欲丸出しの彼女はエロくていいですね」(30代男性)というように、誰にも渡さないとばかりにアソコにしゃぶりつく彼女を見ると、興奮と感激を同時に味わえるという男性も。「今日は特別にこのまま口の中でイッてもいいよ」と言ってあげると、挿入ナシでも彼の興奮度の針は振り切るかもしれません。

  • 【6】「たまには反撃しちゃおうかな」と男性の乳首を舐め回す

    「女のコの気持ちがわかった気がします」(20代男性)というように、いつもは自分がやっていることを逆にやられて、不思議なエロさを感じるという男性も。あえてその日に彼が自分の乳首を愛撫してきたのと同じ方法でいじる・舐める・吸うなどすれば、彼が感じる奇妙な快感はより高まるかもしれません。

  • 【7】「今日はがんばってみるね」と言いながら彼のタマ部分を口の中に含む

    「初めての体験だったのでビックリしたけど、意外と気持ちよかった」(20代男性)というように、男性器の「棒」への刺激には慣れていても、「タマ」を大胆に責められるのは初体験という男性は少なくないようです。「タマ」を口で責めると同時に手で「棒」をシコシコしごいてあげると、彼に強烈なエクスタシーを与えられるかもしれません。

  • 【8】「新しい性感帯を開発してあげる」と小悪魔的に微笑みながらアナル舐め

    「アソコを舐めてもらえるのとは全く違う気持ちよさだった」(20代男性)というように、お尻の穴への刺激は未開発ゆえに文字通り新たな性感帯になるという男性も。彼がアナル舐めの快感に目覚めたようならば、次のステップとして人差し指をアナルに入れてあげるなどしてもいいかもしれません。

  • 【9】「体中舐めてあげるね」と足の指先まで全身リップ

    「『そんなところまで舐めてくれるの!?』って思って興奮&感動」(30代男性)というように、普段は決して舐められることのない足の指先や脇なども愛撫されることで、興奮しつつ彼女の愛情の深さを感じるという男性も。もし彼氏も嫌がっていないようなら、「私の体も隅々まで舐めて」とお願いして舐めてもらい、お互いの絆を深めてもいいかもしれません。

エッチにおいてほとんど受け身という女性が行うほど、普段とのギャップが引き立つので効果は絶大なのではないでしょうか。ただし男性によっては「乳首は感じない」「タマはくすぐったいだけ」「アナルは責められたくない」という方もいますので、彼のリアクションを観察しながら愛撫してあげるのが得策かもしれません。(A4studio)
Photo:All images by iStock