セカンドバージン女子とのエッチで男子が感じるあるある9パターン


処女やビッチとの「エッチあるある」はよく語られていますが、セカンドバージン女子を相手にしたことのある男性にも、同じような共感ネタがあるようです。そこで今回は20代、30代の男性に聞いたアンケートをもとに、「セカンドバージン女子とのエッチで男子が感じるあるある」を紹介します。

  • 【1】恥ずかしがり方がバージン並

    「パンツを脱がすのにすごく苦労した思い出がある」(30代男性)というように、やはり久しぶりとあって、処女時の羞恥心が復活してしまうセカンドバージン女子は多いようです。しかし、「正直ちょっとめんどくさい(苦笑)」(30代男性)というように、処女でもないのに極度に恥ずかしがっていると、男性にマイナス印象を与えてしまうこともあるようなので注意した方がいいかもしれません。

  • 【2】ボロボロの下着を穿いていて清潔感がない

    「アソコも汚いんじゃないかって思っちゃう」(20代男性)というように、だいぶご無沙汰だったために勝負下着もくたびれてしまっていると、ドン引きされてしまうことも。もしこのようなパンツをはいているときに男性と一夜をともにすることになったら、先にシャワーを浴びるなどして下着を見られないようにするといいのではないでしょうか。

  • 【3】フェラで歯が当たるなどエッチテクが未熟

    「無理にやらなくてもよかったのに…」(20代男性)というように、慣れているように装おうとしてフェラで失敗してしまう女性も多いようです。あまり見栄を張らずに素直に「あんまり慣れてないから、どうすればいいの?」と尋ねれば、男性は喜んで教えてくれるのではないでしょうか。

  • 【4】膣内がキツくてすぐにイッてしまう

    「気持ちよすぎて、あまりに早くイッちゃって申し訳ないというか(笑)」(20代男性)というように、女性の性器は一度開通していても、月日が経てばまた処女並にキツくなることもあるため男性に喜ばれるパターンも。相手の男性と交際することになった場合は、日々膣トレをしておけば、締まりのよさをキープできて常に喜ばせられるのではないでしょうか。

  • 【5】なかなか濡れなくて途中で止めてしまう

    「無理やりしても痛がられるだけだしね」(30代男性)というように、緊張からアソコが濡れずに本番に至らないという「あるある」も。濡れやすさは日頃の生活習慣で変わるという説がありますので、食生活改善や運動トレーニングなどのルーティンに気を使って、濡れやすい体を作り上げるといいかもしれません。

  • 【6】アソコの毛が未処理で穴が見つけられない

    「クンニしてても全然舌が届かなくて気持ちが萎えちゃう(笑)」(30代男性)というように、元々剛毛な女性が生やし放題にしておくと、それだけで男性はエッチをためらう可能性もあるようです。1週間に一度程度でもいいので、お風呂に入るタイミングなどでアンダーヘアの処理をする習慣をつけておくといいのではないでしょうか。

  • 【7】くすぐったがって笑うなどムードをぶち壊す

    「なんかバカにされている気分になる…」(20代男性)というように、しっかりとエッチな空気を読まないと、男性の気分を害してしまうことも。生まれつきくすぐったがりな体質の場合は、愛撫より先に濃厚なキスを多めにするなどして、気持ちを盛り上げてから本格的な前戯を始めてもらうといいかもしれません。

  • 【8】エッチの後、将来の話をされるなど面倒くさい

    「『重いな』と思ってもう会うのやめとこうかなって」(30代男性)というように、相手が体目当てじゃなかったとしても、将来の話をあまりに真剣にされると男性は尻ごみをしてしまうことも。もし相手のことを気に入ってこれからも一緒にいたいと思うのならば、あまり先の話はせずにじっくりと距離を縮めて行った方がいいかもしれません。

  • 【9】タガが外れたようにその後、エッチ好きになる

    「たまにそういうスイッチが入っちゃう女性っていますよね…(笑)」(20代男性)というように、今までエッチをしていなかった女性ほど、ついセックスの虜になってしまうパターンも。特に、女性は30代から性欲が強くなると言われ、男性は精力が減退していくといいますので、求めすぎて温度差が生じないように気を配った方がいいのかもしれません。

いずれも処女ならば笑い話になるようなものですが、セカンドバージンが同じことをするとちょっと恥ずかしいエピソードになってしまうのかもしれません。久しぶりのエッチを苦い思い出にしないように、その場の対応はもちろん、日頃からの準備が「脱セカンドバージン」には重要なのではないでしょうか。(A4studio)
Photo:All images by iStock