チャンス到来!?気になる男性が失恋したときのアプローチ9パターン


ひそかに思いを寄せる男性が「失恋した」という噂を耳にしたら、どんな行動に出るのが正解なのでしょうか。いきなり近づいて口説き落とすのは無理だとしても、上手に恋の傷を癒してあげて、自分の存在をアピールしたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「チャンス到来!?気になる男性が失恋したときのアプローチ」をご紹介します。

  • 【1】「なんかあったんだって?私でよかったら話聞くよ」と自ら相談相手に名乗り出る

    「女心が分からなくなったからこそ、女の子に話を聞いてもらいたい」(20代男性)というように、まずは聞く姿勢を見せると喜ばれるかもしれません。直接話すことができればベターですが、顔を合わせないLINEなどのほうが本音を出しやすい場合もあるので相手に合わせましょう。

  • 【2】「暗い顔して、らしくないじゃん!」とあえて笑顔で話しかける

    「あ、この子気づいてくれたんだなって思うと親近感も湧いてきます」(10代男性)というように、細かいことを聞き出そうとせず、とにかく明るく励ましてみるのもいいかもしれません。「らしくないね」などのワードをうまく使って、いつも気にしていることをさりげなくアピールしましょう。

  • 【3】「まあ、これでも食べなよ」とお菓子を差し出す

    「なんだかよく分からないけど、癒されました(笑)」(20代男性)というように、食べ物で気を引くのも、つかみとしてはアリのようです。そこから、「まあ、お茶でも飲もっか?」などと誘って、話を聞く流れを作ってみてはいかがでしょうか。

  • 【4】「よし、みんな集めて騒ぐかー!」と明るく飲みに誘う

    「さみしくなくなるのでありがたいです」(20代男性)というように、共通の友人が多いのであれば、その男性を励ます会を企画してあげるのもよいでしょう。とはいえ、そっとしておいてほしいと考えているかもしれないので、そのあたりの空気は読んだほうがよさそうです。

  • 【5】「運命の人に近づいたんじゃないの?」とポジティブな捉え方を教える

    「あ、なるほどな…って感心してしまいました(笑)」(10代男性)というように、失恋を前向きに受け止める方法を伝授して、気持ちの切り替えを促すパターンです。「恋愛経験値が上がった」「フリーになって可能性が広がった」などとポジティブになれそうな言葉をぶつけてみましょう。

  • 【6】「痛みを知っている人のほうが魅力的」と失恋が人を成長させることを強調する

    「モテモテの人にはこの気持ちはわからんよね…と妙に納得」(20代男性)というように、「人の痛みがわかる男」として、持ちあげてみるのもいいかもしれません。どさくさにまぎれて、「私はそういう人のほうが好き」などと好意をほのめかしてみてもいいでしょう。

  • 【7】「よく頑張ったと思うよ?」とこれまでの奮闘を称える

    「たしかに、やれることはやったと思えば割り切れるかも」(20代男性)というように、長い片想いなどが終わった場合は、そこに至るまでの努力を褒めてあげるのもよさそうです。少しでも報われた気持ちにさせてあげられれば、「次の恋」に目を向けてもらえるかもしれません。

  • 【8】「その子、見る目ないなって思うよ!」とさりげなく好意をにじませる

    「自信を取り戻せるし、もしかして俺のこと好きなの?と期待してしまう(笑)」(10代男性)というように、遠回しに好意をぶつけてしまうのもいいでしょう。相手もまんざらでもないようなら、距離を縮めるきっかけになりそうです。

  • 【9】「なんか私も泣けてきちゃった」などと同情する

    「いい子だなぁ…ってしみじみと感じます!」(20代男性)というように、胸を痛めている男性に、心から共感してあげるのも癒し効果がありそうです。気持ちに寄り添って「自分は味方だ」と印象付けたいところです。

相手のキャラクターや失恋した状況を踏まえて、心に響くアプローチを考えましょう。(外山武史)
Photo:All images by iStock