これは脈アリ!「本命チョコ」を渡したときの男子の反応9パターン


ずっと好きだった男性に、やっとの思いで「本命チョコ」を贈ったら、脈はあるのかどうか、すぐにでも知りたくなってしまうもの。男性が「脈アリ」なら、チョコを渡された瞬間に、どんなリアクションを見せるものなのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「これは脈アリ!『本命チョコ』を渡したときの男子の反応」をご紹介します。

  • 【1】「いいの?本気で嬉しいんだけど!」と無邪気に感激する

    「クールに接したかったけど、ぜんぜん無理でした(笑)」(10代男性)というように、大喜びで受け取ってもらえたら、「脈アリ」の確率は高そうです。とはいえ、演技の可能性がないとは言い切れないので、心配ならその後の反応を注意深く観察しましょう。

  • 【2】「君からもらえるなんて信じられない…」と驚きで呆然とする

    「お礼を言うのも忘れて、しばらく固まってしまった」(20代男性)というように、予想外の嬉しい展開に、とっさにリアクションが取れなくなるパターンです。これ以上混乱させないよう、相手が落ち着くのを待ってから会話を進めたいところです。

  • 【3】「本命と考えていいんだよね?」と思わず真顔で確認する

    「過去の苦い経験から、喜ぶのはまだ早い!と自己防衛本能が働いた」(20代男性)というように、ぬか喜びに終わってしまわないよう、「チョコの意味」を確かめる男性は多いようです。「もちろん本命だよ」と笑顔で真意を伝えて、安心させてあげましょう。

  • 【4】「顔がニヤけてしょうがない(笑)」とひたすら照れまくる

    「いいなと思ってた子だったから、喜びを隠せなかった(笑)」(10代男性)というように、やたらと恥ずかしがるのは、「脈アリ」の証拠だと考えてよさそうです。耳まで赤くなるなど、自分では制御しづらい部分にまで反応が見られたら、確信を深めてもいいでしょう。

  • 【5】「ありがとうとしか言えない!」とハイテンションでお礼を繰り返す

    「あんなラッキーなことは初めてだったので、感謝すること以外思いつけなかった」(20代男性)というように、嬉しさのあまりお礼の言葉しか浮かんで来なくなるケースです。まともに話が進まなくても、「脈アリ」の実感が得られただけでまずはヨシとしましょう。

  • 【6】「ホワイトデーは期待してて」ときちんとしたお返しを予告する

    「せっかくだから、しばらくの間ドキドキ感を楽しみたいじゃないですか(笑)」(20代男性)というように、脈があるのはほぼ確実なのに、わざとこちらを焦らす男性もいます。相手の思惑に乗って、交際間近の緊張感を味わうのもオツかもしれません。

  • 【7】「このあとって時間ある?」とさっそくお茶や食事に誘う

    「前からデートしたかったから、この機を逃す手はないと思った」(20代男性)というように、なんとも思っていない女性を、わざわざ誘ったりはしないでしょう。ただし、相手が先を急ぎすぎるようなら、「一夜限り」にならないように用心したほうがよさそうです。

  • 【8】「こっちの想いが通じたのかな」と好意をほのめかす

    「二人とも同じ気持ちなんだと思ったら、つい本心が出た」(20代男性)というように、もともと好意を寄せてくれていたとしたら、告白めいた一言が不意に飛び出すかもしれません。渡すことにばかり気を取られず、相手のどんな言葉も聞き逃さないようにしましょう。

  • 【9】「ホワイトデーまで待てないから」とその場で交際を申し込む

    「両想いだと分かったのに、行動に移さないなんてもったいない!」(10代男性)というように、「お付き合い」を持ち掛けられたら、もはやためらう必要はないでしょう。その場でOKの返事をすれば、カップルとして幸せなホワイトデーを迎えられそうです。

確実に「脈アリ」の場合は、比較的分かりやすい反応を示してもらえるようです。緊張に飲み込まれずに、敏感に察知しましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock