誕生日にもらったメールで「俺って幸せ者だなぁ」と感じた言葉9パターン


男性は、心のこもった誕生日メールをもらうと、相手にとって自分が大切な存在なんだと実感できるようです。そこで『スゴレン』男性読者の意見を参考に「誕生日にもらったメールで『俺って幸せ者だなぁ』と感じた言葉9パターン」を紹介します。

  • 【1】「おめでとう!」という、定番だからこそまっすぐに気持ちが伝わる言葉

    「やっぱりこの言葉が一番嬉しい」(10代男性)と、「おめでとう」という言葉は、お祝してあげたいという真心がダイレクトに伝わるようです。気のきいた言葉を書けずに悩んでしまう人は、深く考えるより先に「おめでとう」の言葉を送ってはいかがでしょう。

  • 【2】「いつもは言えないけど、愛してるよ」などの愛を伝える言葉

    「ふだんは言ってもらえない言葉だから、特別な日って感じがする」(10代男性)との意見がありました。年に1度の誕生日だけは、テレずに気持ちを伝えると、男性にとって何よりのプレゼントになるかもしれません。

  • 【3】「誰よりも先に言いたかった」という健気な言葉

    「0時にこの言葉が届いたときは、時計を見つめながらスタンバイしてたのかと想像して、愛おしくなった」(20代男性)と、いじらしい姿勢に男性はキュンとするようです。メールの一番乗りを果たすことで、男性にとってあなたが一番愛しい人になるかもしれません。

  • 【4】誕生日が終わる直前に届く「最後は私のメールで締めくくってあげたいから」というツンデレな言葉

    「『今日1日もらったたくさんのメールに埋もれて、私の「おめでとう」が印象薄くなったらイヤだもん』って。嬉しくてとび跳ねた」(10代男性)との声がありました。男性が「メールくれなかったなぁ」とあきらめかけた瞬間に届くと、インパクトも喜びも大きいようです。

  • 【5】「来年もこのメールを送れるといいな」という、ふたりの未来を願っている言葉

    「この先も俺は幸せなんだろうなって思える」(10代男性)と、ずっと一緒にいたいという気持ちに男性は感激するようです。ただし、結婚願望を強くアピールしている女性が使うと、場合によっては少し重たいと受け取られるかもしれません。

  • 【6】「生まれてきてくれてありがとう」など、自分の存在意義を実感できる言葉

    「『いまの幸せな私がいるのはあなたが生まれてきてくれたから』って言われて感動」(40代男性)のように、男性にとって自分が誰かに必要とされていることほど幸せなことはありません。ただ、あまり親密でない相手だと、大げさすぎて嘘っぽいかもしれません。

  • 【7】「去年よりも男らしくなったね」など、去年より成長したことを教えてくれる言葉

    「この1年、ちゃんと俺のことを見ていてくれたんだと思うとジンとする」(20代男性)と、去年と比べて成長した部分をほめられると男性は嬉しいようです。そばで見守ってくれる存在として、これまで以上にあなたを大切に思うかもしれません。

  • 【8】「この1年がよい年でありますように」など思いやりを感じる言葉

    「思いやりのある言葉は誕生日にもらうと、いつも以上に胸にしみた」(20代男性)と、気づかいにあふれた言葉は、普段以上に男性の心を動かすようです。あなたのやさしさを大きくアピールできるチャンスかもしれません。

  • 【9】「直接言いたいから、おめでとうはまた今度」というデートの誘いの言葉

    「こんな可愛いことを言われたら、『いますぐ会いたい!』って思っちゃう」(20代男性)との声がありました。男性を自然にデートに誘える上、「いつにする?」「どこに行く?」などメールのやりとりにつながっていくと、ふたりの距離も近くなるかもしれません。

ほかにはどんな誕生日メールに男性は「俺って幸せ者だなぁ」と感じるのでしょうか。みなさんの意見をお待ちしています。(徳永幸子)
Photo:All images by iStock