誤解されちゃう!義理なのに本命と勘違いされるチョコの渡し方9パターン


バレンタインに義理チョコを配る女性は少なくありませんが、意外に頭を悩ませるのはその「渡し方」でしょう。明らかに義理チョコとわかる雑な渡し方も問題ですが、その後の付き合いのために「思わせぶりな態度」と取られることも避けたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「誤解されちゃう!義理なのに本命と勘違いされるチョコの渡し方」をご紹介します。

  • 【1】こっそり相手を呼び出し、まるで告白するかのようなシチュエーションで渡す

    「特別扱いされている?と感じたら、もしかして…と思いますよね」(10代男性)というように、わざわざ呼び出したせいで、期待を持たせてしまうパターンです。渡すところを第三者に見られたくないなら、「義理チョコを渡すから」と先に断っておいてはいかがでしょうか。

  • 【2】ぎこちなく、照れた表情でチョコを渡す

    「なんか緊張していたみたいだったので、あれれ?と…」(20代男性)というように、恥ずかしそうに渡すのも、「好意がある」と思われる原因になりそうです。緊張しやすい人は、どう考えても義理にしか見えないチョコを選んだり、手渡しを避けたりするといいかもしれません。

  • 【3】義理チョコなのにメッセージをつけて渡す

    「手紙入りとか完全に本命としか思えない」(20代男性)というように、一筆添えて渡すのも誤解を生む行為のようです。女友達が少ないタイプの男性はとくに勘違いするおそれがあるので、「いつもありがとうございます」と言うくらいに留めるのが無難でしょう。

  • 【4】まるで誘惑するかのように上目遣いで渡す

    「目ヂカラにやられてドキッとしてしまいました」(20代男性)というように、かわいらしい仕草のせいで勘違いされるケースです。日ごろから男性に誤解されやすいという自覚がある人は、「義理ですが」と言い添えながら渡すといいかもしれません。

  • 【5】「ぎ、義理なんだからねっ!」とツンデレっぽく渡す

    「義理を強調するところがあやしい…」(10代男性)というように、ツンツンした言い方をしても「逆に気があるんじゃ…」と深読みされてしまうケースです。「義理ですが…」などと極力クールに渡すことで、男性の妄想を封印したいところです。

  • 【6】義理チョコなのにゴージャスにラッピングして渡す

    「この手間のかけっぷりはどう見ても…と思ってしまいます」(20代男性)というように、見た目を豪華にしすぎて本命だと思われるパターンです。ラッピングするなら、安っぽくない程度に簡素にするのが鉄則でしょう。

  • 【7】一人ひとりに違う義理チョコを渡す

    「どう見てもアイツのより僕のほうが高そう…と、ほかのやつのと比べてしまう」(10代男性)というように、チョコの違いを格付けと勘違いされることもあるようです。なんらかの事情で同じものを揃えられなかったときは、手間でもラッピングを統一したほうがいいかもしれません。

  • 【8】「迷惑じゃなかったら受け取ってください」などとやけに謙虚に渡す

    「で、結局俺のこと好きなの?と問い詰めたくなる」(10代男性)というように、丁寧すぎる渡し方も混乱を招くようです。「もし、よかったらどうぞ」くらいのライトな言い方にしてはいかがでしょうか。

  • 【9】明らかにハートの形をしたものを渡す

    「これは告白の意味では…としか思えません」(20代男性)というように、ハート型のチョコレートを選んだばっかりに、「特別な意味があるのでは」と思われてしまうパターンです。誤解されるのが面倒なら、ハート型は除外するのが賢明でしょう。

義理チョコを渡すときは、変によく見せようとするよりも、「義理チョコですが…」と一言添えるのがよさそうです。失礼にならない程度に義理っぽく渡しましょう。(外山武史)
Photo:All images by iStock