女子が職場でバレンタインを禁じられると困る理由9パターン


半強制的な「義理チョコの習慣」は、面倒だという声もありますが、バレンタインそのものを職場で禁止されると弊害もあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「女子が職場でバレンタインを禁じられると困る理由」をご紹介します。

  • 【1】本命チョコが渡せないと職場恋愛に発展しにくいから

    「本当に好きな人にも渡せなくなるのは困る」(20代女性)というように、バレンタインを告白のきっかけにしたい女性にとっては、職場での「バレンタイン禁止」が恋の障害になるようです。逆に考えれば、「それでも渡す」ことでこちらの本気度を伝えられるかもしれません。

  • 【2】ほかに感謝の気持ちを表す方法がなくて困るから

    「チョコはプチプレゼントとして最適」(20代女性)というように、バレンタインが禁止になると、日頃の感謝を気軽に伝えられるチャンスが失われてしまうようです。そういった職場では、旅行に行った連休明けや出張帰りにお土産を買って帰ってはいかがでしょうか。

  • 【3】仕事上の関係が薄い男性と親しくなるきっかけが失われるから

    「バレンタインくらいしか他部署の人と話すチャンスがない…」(20代女性)というように、会社によっては「バレンタインが部署間交流の唯一の機会」となる場合もあるようです。チョコのやり取りを禁止されてしまったら、積極的に飲み会を開催するなど、別の手を考えましょう。

  • 【4】バレンタイン特有のドキドキ感がなくて寂しいから

    「やっぱりバレンタインくらいわくわくしたいので…」(20代女性)というように、特に変化に乏しい職場では、バレンタインが貴重なイベントになっていることもあるようです。「禁止されているけど渡す」というスリルを楽しむ方向にシフトするのもアリではないでしょうか。

  • 【5】女子同士の「友チョコ」の楽しみもなくなるから

    「おいしいチョコを同僚と食べるのが楽しいのに」(10代女性)というように、甘いもの好きの女子にとっては「友チョコ」の禁止が一番痛いかもしれません。仕事帰りにスイーツ店のバレンタイン限定メニューを食べるなどして、憂さ晴らししましょう。

  • 【6】季節の移り変わりが感じられなくて味気ないから

    「『もうこんな時期か』と思ったりして感慨深い行事なのに(笑)」(20代女性)というように、バレンタインで季節を感じている女性もいるようです。夏のビアガーデンや春のお花見など、別の季節「ならでは」のイベントに注力して楽しみを見出しましょう。

  • 【7】手作りチョコで女子力の高さを披露できないから

    「料理上手アピールのチャンスが失われてしまう!」(20代女性)というように、バレンタインの手作りチョコで自分の価値を高めたい女子にとって、「禁止」は大きな痛手になるようです。とはいえ、お菓子作り自体はいつ行っても問題ないので、オフィスにスイーツを差し入れしたりすればいいのではないでしょうか。

  • 【8】女子の大好きな恋バナができないから

    「『誰にあげる?』とか言い合うのが好き」(10代女性)というように、職場で恋愛話ができるのも、バレンタインの醍醐味と言えるようです。日常的に恋バナがしたければ、同僚と合コンに行くなどして、恋愛に関してオープンな環境を作る努力が必要かもしれません。

  • 【9】ホワイトデーのお返しという先の楽しみがなくなるから

    「実はホワイトデーの『倍返し』が目当てです(笑)」(20代女性)というように、バレンタインをある種の「投資」と考える女性もいるようです。人には誰しも「お返ししなければ」という気持ちがあるので、何でもないときでも職場でお土産などをばらまいておき、日々徳を積んではいかがでしょうか。

バレンタインが禁止になると、いろいろな面で不具合が生じるようです。バレンタインのメリットを知れば、半強制的な義理チョコの習慣がある職場でも、新たな楽しみを見出せるのではないでしょうか。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock