好意はうれしいけど重い…男性に逃げられる告白のセリフ9パターン


ずっと好きだった人に思いを打ち明けるのは、とても勇気がいるもの。それだけに、つい力が入り過ぎてしまって、男性を及び腰にさせてしまうことがあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に、「好意はうれしいけど重い…男性に逃げられる告白のセリフ」をご紹介します。

  • 【1】「私のことどう思ってますか?」と返答に困る問いを投げかける

    「付き合ったら、『私のことどれぐらい好き?』と聞いてきそう。正直ウザい」(10代男性)というように、告白の時点で自分への思いをたずねるのは、少々前のめりすぎるかもしれません。「私のこと、意識してなかったかもしれないけど…」くらいのアプローチでバランスを取りましょう。

  • 【2】「あなたには釣り合わないと思うけど…」と自分を卑下しまくる

    「ネガティブな告白から入ると、『付き合ったらフォローが大変だろうな』と思ってしまう」(20代男性)など、自虐的すぎる告白は、男性に余計な気を使わせてしまうようです。むしろ自分の長所を明るくアピールすることを考えましょう。

  • 【3】「男らしくてまっすぐで、それから…」と好きなポイントを無限に並べる

    「リアクションを取るのが大変…メールも長くなりそう」(10代男性)など、思いがほとばしるあまり、面倒くさがられてしまうケースです。言葉を重ねるよりもストレートに思いを伝えるほうが相手の心に響くのではないでしょうか。

  • 【4】「会いたくて胸が痛いよ…」とJポップのような世界観に一人で浸る

    「ユニークな告白は印象に残るけど…どう返したらいいのか戸惑う」(20代男性)といったように、独特の世界観を追求しすぎた結果、男性を混乱させてしまうこともあります。伝わりやすさを意識して、告白はできるだけシンプルにまとめるのが安全かもしれません。

  • 【5】「彼女がいても私はずっと待ってます…」と絶対にあきらめない姿勢を貫く

    「痛くて重っ!こっちの事情も考えず、一方的に待つ女を気取られても…」(20代男性)など、粘着的なスタンスで男性を困惑させるパターンです。「彼女がいるかもしれないけど、どうしても伝えたくて」と、かわいく思いを伝えるほうが好感を持たれるでしょう。

  • 【6】「初めてのデートは映画がいいな…」と交際を既定路線だと思い込む

    「妄想がふくらみすぎてドン引きです」(10代男性)というように、勝手に先走って妄想をぶつけても、ウザがられてしまいそうです。デートのシーンをあれこれ考える楽しさも分かりますが、この段階では自分の胸の内に秘めておきたいところです。

  • 【7】「あなたが初恋です」と責任の重さをにおわせる

    「女の子にはドラマチックなシチュエーションかもしれないけど、ヒロイン気取りは勘弁して」(10代男性)というように、重い設定に巻き込まれることから逃げたくなる男性もいます。初恋だったとしても、告白が成功してからさりげなく打ち明けたほうが胸キュン効果も高そうです。

  • 【8】「ずーっと見てました」と初対面なのにストーカー行為をほのめかす

    「いつから見られてたの?とゾーッとしました」(20代男性)というように、プチストーカー的な印象を与えると、むしろ怖がられてしまいます。悲壮感を漂わせるよりも、「友だちから仲良くなってください」などとライトに近づいたほうが、気楽に受け止めてもらえるのではないでしょうか。

  • 【9】「結婚を前提に付き合ってください」といきなりゴールを設定する

    「いくら好みのタイプでも、話が早すぎるでしょ」(20代男性)というように、付き合う前から結婚のプレッシャーをかけると、男性をたじろがせてしまうようです。相手との結婚しか見えなくても、ステップを刻んで徐々に距離を詰めていくのが無難でしょう。

同じような行動でも、重いと敬遠されたり、「ストレートでかわいい」と思われたりと、人によって反応は様々です。相手の性格を慎重に見極めて、最善の告白を目指しましょう。(佐々木正孝)
Photo:All images by iStock