気になるカレに「返信不要」とスルーされるLINE9パターン


気になる男性にLINEしたとき、返信がないとショックなもの。そんなときは、相手にスルーされやすい送り方をしていなかったかどうか、冷静に振り返ったほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に、「気になるカレに『返信不要』とスルーされるLINE」をご紹介します。

  • 【1】「今日は何食べた?」など「細かい質問」

    「そんなこと聞いてどうするの?と、つい後回しに…」(20代男性)というように、些細すぎる質問には回答する必然性が感じられないため、優先度が低くなりやすいようです。「今度○○したいから教えて」などと知りたい理由を添えれば、返信率が上がるでしょう。

  • 【2】「これからお風呂」などの「実況中継」

    「邪魔をするのは申し訳ないと思ってしまう」(20代男性)というように、リアルタイムの状況報告は「今は忙しい」という意味だと捉えられ、返信に結び付かないこともあるようです。気を遣うタイプの男性には、「○○してきた」などと終わったところから始めたほうがいいかもしれません。

  • 【3】「これカワイイから買っちゃった」などの「事後報告」

    「返し方が分からない。正直に言うと、だから?って感じですが…」(20代男性) というように、個人的な行動の報告にどう返信してよいか迷い、結果的に放置されるパターンです。目的のない世間話が苦手な男性は多いので、せめて「買う前に相談」のほうが実のあるやりとりになりそうです。

  • 【4】「元気?」「ひまー」などの「簡潔な短文」

    「こちらに何か話題を出せと言われてるようで、プレッシャーです」(20代男性)というように、会話を広げようがない1ワードのLINEは、相手に負担を感じさせることもあります。気心の知れた間柄ならともかく、まだそれほど親しくない男性には、控えたほうがいいかもしれません。

  • 【5】ネガティブな空気が漂う「仕事の愚痴」

    「のっけから暗いと、会話しても楽しくなさそう」(20代男性)というように、愚痴っぽいLINEが歓迎されないのは、ある意味当然かもしれません。仕事の悩みを打ち明けるなら、前向きに解決策を相談するなど、重い空気にならないように仕向けたいところです。

  • 【6】「…したいなぁ」で終わっている「思わせぶりなメッセージ」

    「自分からLINEしておいて察してちゃんはちょっと…」(10代男性)というように、希望をはっきり言わずに構ってもらいたがる態度を、面倒臭いと感じる男性もいます。強気な誘い受けのスタンスは、自分に気がある相手にしか使えないと心得ましょう。

  • 【7】「今酔ってまーす」など「ただの独り言」

    「ああそうなんだ、で終わり。というか、最初から返信は求められてない気がする」(20代男性)というように、一方的な呟きLINEは、読むだけで十分だと思われてしまうようです。反応が欲しいなら、簡単な質問を織り交ぜるなどの工夫が必要でしょう。

  • 【8】就寝前に届く「おやすみ」

    「『おやすみ』と送り合ってたらキリがない。既読を付けるだけでいいと思う」(20代男性)というように、締めくくりの挨拶には、返信の必要を感じないと考える人もいます。LINEを送る口実として使うなら、仕事終わりに合わせた「お疲れさま」のほうがいいかもしれません。

  • 【9】文字がなく、「スタンプだけのLINE」

    「何が言いたいのか分からない。相手の感情も読めないし、お手上げです」(20代男性)というように、意図の伝わりにくいスタンプ単独のメッセージに苦手意識を持つ男性は少なくないようです。一言だけでもコメントを添えるか、せめて文字の入ったスタンプを使ってはいかがでしょうか。

男性が返信しないのは、「どう返していいか分からないから」というケースが多いようです。最初はYES/NOで答えられるシンプルな質問を付け加えるなど、会話をスタートさせやすくする配慮も必要かもしれません。(さのちあき/Office Ti+)
Photo:All images by iStock