「ちょっとワガママな小悪魔女子」が男性に好まれる理由9パターン


女性の「かわいいワガママ」にグッとくる男性は意外に多いもの。「ワガママ女子」がモテる理由が分かれば、男心を翻弄するコツがつかめるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『ちょっとワガママな小悪魔女子』が男性に好まれる理由」をご紹介します。

  • 【1】頼りにされている気がして、嬉しくなってしまうから

    「男には『頼られたい願望』があるので、俄然やる気になってしまう」(20代男性)というように、「女性のワガママは自分への期待の表れ」だと考える男性は多いようです。「実は困ってて…」などと弱気な顔を見せると、喜んで力になってもらえそうです。

  • 【2】ワガママを言ってくれたほうが、要求がわかりやすいから

    「鈍感だから、回りくどい言い方をされても気づけなくて…」(10代男性)というように、ストレートに願望を口にしたほうが、男性のほうも助かるようです。とはいえ、命令口調ではさすがに失礼なので、上目遣いなどをしながらかわいくお願いしましょう。

  • 【3】要求を叶えて喜んでもらえたら、自分も満足感を得られるから

    「嬉しそうな顔を見るとこっちまで嬉しくなって、またワガママを聞いてあげたくなる」(20代男性)というように、女性を喜ばせることに自らの喜びを見いだす男性もいます。「家電の配線」「パソコンのセットアップ」など、力量を存分に発揮してもらえそうなお願い事をチョイスすれば、お互い幸せになれそうです。

  • 【4】ワガママを言う女性は、素直で裏表がなさそうだから

    「ヘンに遠慮したり、要求を匂わせて駆け引きする女性より、ぜんぜん好きですね」(20代男性)というように、「ワガママ女子」の率直な物言いに好感を抱くケースです。本来は控え目な性格でも、たまには思い切って自己主張してみてはいかがでしょうか。

  • 【5】適度に振り回してくれたほうが、飽きずに付き合えるから

    「今度はそう来たか!とサプライズ的に楽しんでます(笑)」(10代男性)というように、ワガママは「恋のスパイス」にもなり得るようです。まずは簡単なお願いから始めて、相手の許容範囲を探りながら、絶妙な刺激を与え続けましょう。

  • 【6】気ままにワガママを口にする「自由奔放さ」に惹かれるから

    「自分が真面目な性格だから、猫っぽい気まぐれな感じに憧れる」(20代男性)というように、品行方正なタイプの男性には、ワガママな女性の「遠慮のなさ」が魅力的に映るようです。「ラーメン店に入ったのにやっぱりパンケーキが食べたくなったと言う」など、突拍子もない発言で新鮮な驚きを与えましょう。

  • 【7】女性のために必死になることで、男としてのスキルが格段に上がるから

    「ワガママな子と付き合ったらモテるようになったので、感謝してます(笑)」(20代男性)というように、「女性のワガママは男を成長させる」とも思われているようです。モテる男性はその辺りをよく心得ていそうなので、無茶を言って気を引くのも手です。

  • 【8】「ワガママな女性を手なずけたい」という征服欲に駆られるから

    「面倒な女性を自分の力で満足させて、達成感を味わいたいのかも(笑)」(20代男性)というように、無理難題をぶつけられると、闘争心が湧く男性もいます。この手の男性には、かわいく迫るより「できるよね?」などと挑発したほうが効き目があるでしょう。

  • 【9】ワガママを言うのは、心を開いてくれた証拠だと思うから

    「自分を特別な存在として認めてくれた気がして、テンションがあがった」(20代男性)というように、本音が垣間見える「かわいいワガママ」は、大歓迎されるようです。友達以上の仲の男性であれば、勇気を出して振り回してみると、関係が一気に進展するかもしれません。

どんな男性にも「女の子にもてあそばれたい」という願望が少なからずあるようです。コミュニケーションのひとつとして、ワガママを有効に活用しましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock