ちょっとの努力で恋愛力アップ!無理なく続ける「新習慣」9パターン


「今年こそ恋愛体質になる!」と壮大な目標を立てても、三日坊主に終わってしまうのがオチというもの。着実に結果を残すには、がんばらなくても続けられる「手軽な習慣」を取り入れるのが効果的かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「ちょっとの努力で恋愛力アップ!無理なく続ける『新習慣』」をご紹介します。

  • 【1】ダイエットのため、通勤通学の合間に1駅分歩く

    「眠いときや疲れてるときはパス(笑)。でも週3くらいのペースで続いてます」(20代女性)というように、毎日の通勤通学に「ウォーキング」を組み込む方法です。なかなか成果が出なくても、「塵も積もれば山となる」と信じてとにかく続けてみましょう。

  • 【2】「笑顔であいさつ」を心がけて、地道に好感度アップを図る

    「鏡の前で笑顔の練習をするだけ。お金も努力も特に必要なし」(10代女性)というように、明るい表情で人と接すれば、出会いを引き寄せることができるかもしれません。とはいえ、男性にばかり笑顔を向けて、同性に睨まれるのだけは避けたいところです。

  • 【3】映画などでラブストーリーに触れて、恋愛に対するモチベーションを保つ

    「恋愛力を高めるには、ときめきを忘れないようにすることも大事」(20代女性)というように、「恋愛モノ」を観たり読んだりするだけなら、楽しんで続けられそうです。ヒロインの女子力に刺激を受けたり、恋愛戦術を学ぶこともできるでしょう。

  • 【4】コロンやシャンプーでいい香りを身にまとい、男性を惹きつける

    「自分の気持ちも上がるし、男性にもアピールできて一石二鳥(笑)」(20代女性)というように、香りを上手に使って恋愛力アップを図る方法です。ただし、職場や飲食店などで強い香りを振りまくのはマナー違反になりかねないので、TPOはわきまえましょう。

  • 【5】お湯の温度や入浴時間を工夫して、コツコツと美肌を手に入れる

    「高めの温度に短時間浸かったり、ぬるめのお湯に入浴剤を入れたりして飽きないようにしてる」(10代女性)というように、毎日のバスタイムを有効活用するのもよさそうです。自分に合った入浴方法を続けて「もっちりたまご肌」を手に入れましょう。

  • 【6】今日はネイル、明日はかかとというように、日替わりでボディケアする

    「所要時間は10分くらいだから、ズボラな私でもなんとか続けられる」(20代女性)というように、一度に全身をお手入れするのは面倒でも、1カ所ずつなら着手しやすいでしょう。効果を実感し始めたら、むしろケアをするのが楽しみになってきそうです。

  • 【7】体幹を鍛え、姿勢に気を付けて凛とした印象を保つ

    「姿勢をよくするだけでも意外と筋力がつくので、運動嫌いの人にもオススメです」(20代女性)というように、背筋を伸ばすことを意識し続けるだけで、徐々にスタイルがよくなるようです。部屋に全身鏡を置くと、姿勢を客観的にチェックできていいでしょう。

  • 【8】予定のない休日だけ自炊するなど、自分のペースで料理の腕を磨く

    「毎日自炊するぞと意気込んでも、食材を腐らせるのがオチかなと…」(20代女性)というように、料理初心者には、いきなりすべての食事を手作りするのはハードルが高そうです。無理のない範囲で挑戦したほうが、達成感を味わいながら続けられるでしょう。

  • 【9】気軽にできる趣味でストレスを予防し、日々穏やかに過ごす

    「機嫌がいいと表情が柔らかくなるし、男性にも好印象だと思う」(20代女性)というように、毎日楽しく暮らすことも、恋愛力アップには大切な要素かもしれません。ほんの1分脳内で好きな物をイメージするだけでも、やるとやらないとでは結果が違ってきそうです。

余力を残してできる習慣のほうが、続けやすいようです。「がんばりすぎは禁物」だと肝に銘じて一年の計を立てましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock