年末で疲れた彼氏が「正直しんどい」と感じる年越しデート9パターン


いよいよ冬休み突入!「思いっきりいちゃいちゃしたい!」と1人盛り上がっていても、仕事の追い込みに忘年会と師走の忙しさに疲れた彼氏にとって、あなたの希望するデートプランは重荷でしかないかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「年末で疲れた彼氏が『正直しんどい』と感じる年越しデート」をご紹介します。

  • 【1】人がごった返している市場への「買い出しデート」

    「アメ横とかに連れて行かれてもつらいだけ…」(20代男性)というように、買い物客で混雑した市場への買い出しデートが「正直しんどい」ようです。あまりにも彼氏が疲れているようなら、「今年は通販でお取り寄せしよっか?」などと提案してもいいかもしれません。

  • 【2】朝帰り覚悟の「カウントダウンライブ」

    「絶対に体調悪くなりそう…」(20代男性)というように、明け方まで騒がなくてはいけない年越しライブデートが「正直しんどい」ようです。「どうしても見たいアーティストはこれだけだから、終わったらタクシーで帰ろう」などと譲歩するとよいでしょう。

  • 【3】あわただしくて味わう暇もない「有名店での年越しそば」

    「寒空の下、延々と行列に並んで、入店したと思ったら10分で食べ終わる」(20代男性)というように、人気そば店での年越しデートが「正直しんどい」ようです。「実はラーメン屋さんのほうが穴場なんじゃない?」などと彼氏の食欲をそそる提案をしたいものです。

  • 【4】とにかく気を使いまくってしまう「彼女の実家への帰省」

    「いずれ結婚するから悪い気はしないんだけど、とにかく心が休まらない」(20代男性)というように、彼女の実家への帰省旅行が「正直しんどい」ようです。前々から決めていたこととはいえ、彼氏があまりにも疲れている場合は「年明けにしようか」と助け船を出してあげてもいいかもしれません。

  • 【5】行きも帰りも渋滞に巻き込まれそうな「温泉旅行」

    「一見、癒やされそうなんだけど、実は移動が大変」(20代男性)というように、大渋滞に巻き込まれがちな温泉旅行が「正直しんどい」ようです。年内に帰ってくる、年明けから出かけるなど、多くの人と行動するタイミングをずらすと良いでしょう。

  • 【6】セール品や福袋狙いで寒空の中で過ごす「初売り行列」

    「そういうのは女友達同士でやって盛り上がってほしい」(20代男性)というように、徹夜で挑む初売りデートが「正直しんどい」ようです。「並ぶコストを考えたら定価で買った方がマシ」だと考えて、彼氏との時間を大切にしたいものです。

  • 【7】ご来光目当てで夜中から出かける「初日の出登山」

    「人は多いわ、寒いわ、疲れるわで、絶対に風邪ひくやつ」(20代男性)というように、初日の出目当ての登山デートが「正直しんどい」ようです。毎年恒例になっているとなかなかやめられないかもしれませんが、彼氏の体調次第では別の初日の出プランに変えたほうがよいでしょう。

  • 【8】考えただけでドッと疲れる「混雑したテーマパーク」

    「1年がんばって最後に、なんの罰ゲームなのか神様に問いたい」(20代男性)というように、混雑した人気テーマパークでのデートが「正直しんどい」ようです。テーマパークは彼氏がもっと元気な時にして、自宅でゆっくり過ごすほうがよいかもしれません。

  • 【9】参拝するだけで何時間も待つ「有名神社への初詣」

    「なんでわざわざ…近所の氏神様でええやん!」(20代男性)というように、人気神社への初詣デートが「正直しんどい」ようです。ひとまずは近所で済ませて、年明け後彼氏の体力が回復してからパワースポット巡りをするとよいでしょう。

ともあれ無理をさせないことが先決。「前から約束してたじゃーん」と突っ込まれるのが何よりもの負担になってしまうので、臨機応変に年末を楽しみましょう。(熊山 准)
Photo:All images by iStock