交際5年…マンネリ化しつつあるクリスマスデートの打開策9パターン


付き合い始めたばかりのころは、あんなに楽しかったクリスマスも、回を重ねていくうちに、代わり映えしなくなってしまうもの。昔のように盛り上がるには、どうしたらいいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「交際5年…マンネリ化しつつあるクリスマスデートの打開策」をご紹介します。

  • 【1】「今年のクリスマス、期待していますから!」と彼氏にプレッシャーをかける

    「付き合いが長くなると手抜きになってくるので」(20代女性)というように、クリスマスデートを楽しみにしていることを口に出して伝えるパターンです。彼氏に期待をぶつけるだけでなく、「私も手料理頑張る」などと意気込みを語るといいかもしれません。

  • 【2】胸キュン確実の「クリスマスの恋愛映画」を借りてデートの参考にする

    「やっぱり観たあとに恋心がうずくので」(10代女性)というように、名作クリスマスムービーを鑑賞して、テンションをあげておくパターンです。とはいえ、「映画みたいなデートをしたい」などと言って、彼氏のハードルを上げすぎないようにしましょう。

  • 【3】「今年は私が担当!」といって、サプライズ満点のクリスマスデートを企画する

    「彼氏にまかせっきりはよくないですよね」(20代女性)というように、自らプランを立てるパターンです。自分が楽しいだけでなく彼氏も満足できる一日になれば、来年はきっと素敵なデートをプロデュースしてもらえるでしょう。

  • 【4】サンタのヒゲメガネなどバカバカしいクリスマスグッズを嬉々として使う

    「なんとかして盛り上げようっていう気持ちが大事だと思います」(20代女性)というように、イベントを楽しむために、あえて浮かれたアイテムを仕込んでおくパターンです。当日は二人ともバカになったつもりで、クリスマスを楽しみましょう。

  • 【5】これでもか!というくらいにべったり腕を組んで一緒にケーキを買いに行く

    「彼氏に『どうした?』と不思議がられるくらい甘えてみました」(20代女性)というように、外を出歩くときに、ラブラブカップルらしく密着して歩くパターンです。照れずに自分から腕を組みにいってみてはいかがでしょうか。

  • 【6】「ちょ!それ見えてるから!」レベルのセクシーサンタのコスプレをしてみる

    「恥ずかしすぎたけど、彼は喜んでました」(20代女性)というように、いつもと違う格好で彼氏を誘惑してみるパターンです。開き直って堂々とするよりも、めちゃくちゃ恥ずかしがったほうが、彼氏も萌えるかもしれません。

  • 【7】神戸牛やフォアグラなどを使った贅沢なディナーをつくる

    「食材を買うところから楽しいです」(20代女性)というように、いつもと違うクリスマスにするために、高級食材で料理をつくるパターンです。買い物から食べるところまで、二人でワイワイ話しながら、素敵な思い出を作りましょう。

  • 【8】テーマパークのクリスマスイベントに参加できるプラチナチケットをゲットする

    「初々しいカップルばっかりで、初心にかえることができた」(20代女性)というように、遠のいていたクリスマスイブのイベントに行ってみるパターンです。童心を忘れない彼氏なら、一緒にはしゃいでくれるのではないでしょうか。

  • 【9】あえてクリスマスとまったく関係ない神社・仏閣をめぐる旅を楽しむ

    「年配の方ばっかりで、静かに楽しめてよかったです(笑)」(20代女性)というように、クリスマスムードを離れて、歴史ある建造物を巡るパターンです。イブが近づいて浮かれる年じゃないしな…という冷めた気持ちが湧いたら、いっそこのくらい振り切ってしまうのもアリかもしれません。

いろんなクリスマスの過ごし方が出てきましたが、工夫なしにマンネリ脱却は難しいようです。ぜひ、二人にあったプランを練ってみてください。(外山武史)
Photo:All images by iStock