テキトーすぎてがっかり…彼女からのクリスマスプレゼント9パターン


愛する彼氏とのクリスマスも、回を重ねると新鮮みが薄れてくるもの。だからといってプレゼント選びで手を抜くと、「そろそろ潮時かな…」と交際を見直されてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「テキトーすぎてがっかり…彼女からのクリスマスプレゼント」をご紹介します。

  • 【1】ありきたりすぎて愛が冷めたように感じてしまう「マフラー」

    「素材がいいわけでも手編みとかでもなくて、以前とは大違いだと失望した」(20代男性)というように、無難なプレゼントでお茶を濁そうとして、幻滅されるケースです。定番品を贈るなら、長く愛用してもらえそうな高品質な物を選びましょう。

  • 【2】コンビニで調達したのがバレバレ!「ノーブランドのネクタイ」

    「来る途中で慌てて買ったな?と勘ぐってしまった」(20代男性)というように、「これでいいや!」とコンビニで手軽に用意すると、「手抜き」だと見破られるおそれがあります。時間がなかったなら、後日改めてきちんとした物を贈ったほうが好印象でしょう。

  • 【3】役には立つけどロマンチック要素が皆無の「オフィス文具」

    「文具はただのフリだと思って、本物のプレゼントを待ってしまった(笑)」(20代男性)というように、実用一点張りの贈り物は、クリスマス向きではないようです。とはいえ、趣味の物と二段構えで贈れば、「助かるよ」などと感謝してもらえるかもしれません。

  • 【4】子どもかよ…と呆れるしかない「靴下型のお菓子の詰め合わせ」

    「駄菓子は好きだけど、がっかり感は否めない」(10代男性)というように、お菓子の詰まったブーツも、彼氏に贈るには幼稚すぎるでしょう。ただし、中に時計などを紛れ込ませると、最初の落胆がむしろプラスに働いて、いいサプライズになりそうです。

  • 【5】なぜこれ?と戸惑ってしまう「趣味に合わないファッションアイテム」

    「俺のこと何も分かってないのでは…と不信感が募った」(20代男性)というように、趣味とかけ離れたプレゼントだと、彼氏に対する理解度を疑われてしまいそうです。「普段のテイストにも合うよ!」などと盛り立てて、嫌なムードを一掃したいところです。

  • 【6】まさか在庫処分?と疑ってしまう「ゲーセンで取ったぬいぐるみ」

    「『これを私だと思って』とか言ってたけど、まんまと不用品を押し付けられた気分」(10代男性)というように、ゲームの景品を贈り物に流用するのは、あまりにもお粗末でしょう。「いらない」と突き返されても、文句は言えないかもしれません。

  • 【7】もう少し奮発してくれても…と悲しくなる「100円ショップの財布」

    「俺なら100均で十分ってこと?とショックを受けた」(10代男性)というように、どんなに見栄えがよくても、価格が安すぎると相手のテンションをガタ落ちさせてしまうようです。せめてラッピングに凝るなど、自分なりに工夫して付加価値をつけましょう。

  • 【8】毎年これで済ませるつもり?とガックリくる「去年と同じプレゼント」

    「こうやってマンネリ化していくのか…と残念な気持ちになった」(20代男性)というように、代わり映えのしないチョイスをすると、交際に暗い影を落としてしまいそうです。とはいえ、数が増えることで「二人の歴史」が形作られるなら、同じ品もアリでしょう。

  • 【9】手書きだとしてもあまりにも寂しすぎる「クリスマスカード1枚」

    「特に内容が濃いわけでもなく…。もしかして別れたいの?とか考えてしまった」(20代男性)というように、カード1枚のそっけないプレゼントだと、妙な誤解を招く危険があります。物より心が大事とはいえ、「カードは添え物」だと考えたほうがよさそうです。

プレゼントは愛情のバロメーターになるようです。後悔するハメにならないよう、面倒でも心を込めて選びましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock